FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

The Hi Records Single Collection / Otis Clay Solid '14 数多のソウル・シンガーのなかでも、オーティス・クレイはマーヴィン・ゲイやロナルド・アイズレー、ボビー・ウォマックらと並んで最も好きな歌手の1人。本作は、オーティスがハイに残した全シングル曲に加え、そ ...

Black Octopus / Paul Jackson East World '78 ヘッド・ハンターズのメンバーとして、ハービー・ハンコックのファンク探求のボトムを支えたベーシスト、ポール・ジャクソン。1978年にハンコックのツアーに同行し来日した際に、東芝EMIがジャクソンのソロ・アルバムの制作 ...

Natural Four Curtom '74 オークランド出身ながら、シカゴに移りカートムで3枚のアルバムを残した4人組ヴォーカル・グループ、ナチュラル・フォー。仲良し4人組が揃えば思わず真似したくなるようなジャケットが素敵過ぎる本作はその1枚目。メイン・プロデューサー/アレン ...

Ⅱ / The Sylvers Pride '73 ロサンゼルスの兄弟姉妹6人組グループ、シルヴァーズ。50年代末に結成された時は全員10歳未満だったようだが、レコード・デビューを果たした70年代前半には最早ティーン・グループとは言えなくなっていたハズ。それでも、この時代の兄弟グルー ...

Celebration / Aktion Clover Sound '77 一昨年あたりから、ナイジェリア産アフロ・ファンク・アルバムをモノ凄い勢いで再発しまくっているPMGレーベル。こういった、知られざるナイジェリアン・ファンク作品についてはまったくの素人で、ほとんど情報もないまま、ジャケ ...

Hutson Ⅱ / Leroy Hutson Curtom '76 リロイ・ハトソンの5thアルバム『Hutson Ⅱ』。ハトソン史上最もファンクな作品となった前作『Feel The Spirit』は、フリー・スピリット・シンフォニーなる大所帯ファンク・バンド仕立てで、裏ジャケには11人ものメンバーが写ってい ...

Death Certificate / Ice Cube Priority '91 NWAのMCとして頭角を現した後、グループを脱退しソロへ転じたアイス・キューブ。ボム・スクワッドと組んだソロ1st『Amerikkka's Most Wanted』、EP盤『Kill At Will』と立て続けにリリースした後、ブギー・メンとサー・ジンク ...

Every Way But Loose / Plunky & Oneness Of Juju Sutra '81 70年代中期には『African Rhythms』『Space Jungle Luv』という2枚の傑作を残したスピリチュアルなアフロ・ジャズ・ファンク集団、ワンネス・オブ・ジュジュ。その後しばらくリリースが途絶えたものの、80年代 ...

Sneakin' Sally Through The Alley / Robert Palmer Island '74 自分の世代的には、ロバート・パーマーというとパワー・ステーションや大ヒットした「恋におぼれて」の人、という程度の認識で、当時ラジオでもよく流れていた記憶がある。UKの伊達男といったイメージや、良 ...

Safe + Sound / DJ Quik Profile '95 コンプトン出身のラッパー/プロデューサーのDJクイック。Dr.ドレー、Gファンクが圧倒的な猛威を振るった90年代前半、西海岸のヒップホップ作品の多くはGファンクの影響下にあり、クイックの作品もその中のひとつではあるが、ドレー以 ...

The Blackbyrds Fantasy '74 ダニー・ハサウェイやロバータ・フラック、リロイ・ハトソンらを輩出した名門、ハワード大学の学生達が結成したジャズ・ファンク・バンド、ブラックバーズ。当時ハワードで教鞭を執っていたというドナルド・バードが仕掛人で、見込みのある教 ...

Dust Yourself Off / Pleasure Fantasy '75 オレゴン出身のファンク・バンド、プレジャーのラクダジャケでお馴染みの1stアルバム『Dust Yourself Off』。ファンタジーというレーベルは面倒見がいいのか、ファンク・インクにしろブラックバーズにしろ、あまりヒットしたと ...

West Wing 20th Century '75 バリー・ホワイトのプロデュースによる4人組ヴォーカル・グループ、ウェスト・ウィングの唯一のアルバムが、この度初CD化。70年代半ばのバリーは、女性3人組のラヴ・アンリミテッドに始まり、トム・ブロック、ジェイ・ディーといった男性シン ...

Chocolateclay Cat '77 マイアミはTK周辺の作品に関与してきた2人のスタジオ・ミュージシャン、黒人ベーシストのジョージ"チョコレート"ペリーと白人キーボード奏者のクレイ・クロッパーによるユニット、チョコレートクレイの唯一のアルバム。レア・グルーヴやフリー・ソ ...

Planet Earth / Prince NPG '07 約10年ぶりのメジャー・リリースとなった2004年の『Musicology』、『Batman』以来17年ぶりの全米アルバム・チャート1位を記録した2006年の『3121』と、90年代のこじらせ期から堂々たるオーバー・グラウンドへの帰還を遂げ、第2の黄金期到来 ...

I Love You... Me / Cherokee RCA '99 92年にオート&チェロキーという夫婦デュオでデビュー。その作品は未聴だが、その後いろいろあって別れた後、90年代も末になって再起を図りリリースしたソロ1stアルバムとなる本作『I Love You... Me』は、当時非常によく聴いた作品 ...

World Wide Funk / Bootsy Collins Mascot '17 『Tha Funk Capital Of The World』以来、6年ぶりとなるブーツィーの新作『World Wide Funk』が昨年リリースされた。本作も、ここ20年ほどにリリースされたブーツィー作品同様に、人徳と人脈を駆使して豪華ゲスト陣を招集し ...

Sunshine Man / Harold Alexander Flying Dutchman '71 ジャズ・サックス/フルート奏者、ハロルド・アレキサンダーがフライング・ダッチマンからリリースした1stアルバム『Mama Soul』。同時期にフライング・ダッチマンからリリースされたギル・スコット・ヘロン『Pieces ...

Funky Miracle Live At Moonwalker 2 / The Legendary Meters featuring The JB Horns Lakeside Music '93 ミーターズ(のレオ・ノセンテリとジョージ・ポーターJr.)とJBホーンズ(メイシオ・パーカー、フレッド・ウェズリー、ピー・ウィー・エリス)、ファンク・レジェ ...

Wings Of Love / The Temptations Gordy '76 ソウルの歴史に太文字でその名が記されるヴォーカル・グループでありながら、これまで当ブログで取り上げてこなかったテンプテーションズ。モータウンの看板グループとして、スモーキー・ロビンソンと組んで数多くのヒット曲を ...

↑このページのトップヘ