The Facts Of Life / Albert Jones Candy Apple '77 インディアナ州出身の男性ソウル・シンガー、アルバート・ジョーンズ。主にデトロイト周辺で活動し、70年代初めにはシングルを細々とリリースするのみだったが、77年になって何故かカナダのドマイナーなレーベル、キャ ...

Fast Food Funkateers / Slapbak Reprise '92 カリフォルニア発の遅れてきたファンク・バンド、スラップバック。1992年のデビュー・アルバムとなる本作『Fast Food Funkateers』は堂々のメジャー・リリースで日本盤も発売された。また、ジョージ・クリントンにブーツィー ...

Sharing / Vitamin E Buddah '77ポール・ティルマン・スミス、デイヴィッド・ガードナー、ビアンカ・トンプソンの男女3人組グループ、ヴァイタミンE。スミスはオークランド生まれのドラマー/ソングライター。ヴァイタミンE以前に、レイ・オビエドやロニー・ヒューイット、 ...

Time Moves On / Strutt Brunswick '75 ニュージャージー出身の白黒混合8人組(裏ジャケのメンバー写真を見る限り白人が6人)のファンク・バンド、ストラット。アルバムはブランズウィックから1975年にリリースした本作『Time Moves On』の1枚のみ。全9曲中、歌入りとイン ...

Eccentric Funk Numero Group '20 超マニアックなレア音源のリイシューやコンピレーション盤を多数リリースするシカゴのレーベル、ヌメロが昨年カタログに加えた本作『Eccentric Funk』は、同レーベルの看板シリーズ『Eccentric Soul』のファンク版といったところか。流石 ...

Piece Of The Action / Bobby Hutton ABC '73 砂浜に数字の「1」のオブジェというジャケットが謎過ぎる本作は、デトロイトやシカゴで活動していたというソウル・シンガー、ボビー・ハットンの唯一のアルバム『Piece Of The Action』。60年代から作曲家として活動するディ ...

Together / The Watts 103rd Street Rhythm Band Warner Bros. '68 チャールズ・ライト率いるL.A.の先駆的なファンク・バンド、ワッツ103rdストリート・リズム・バンド。ジャケットに写るメンバーの出で立ちのイナたさもイイ雰囲気な本作『Tohether』は1968年リリースの2n ...

Whut? Thee Album / Redman Def Jam '92 EPMDの3rdアルバム『Business As Usual』収録の「Hardcore」に参加し一躍注目を集め、本作『Whut? Thee Album』でアルバム・デビューを飾ったレッドマン。いかにもEPMD一派な鼻にかかったようなモッサリしたラップはファンキーで自 ...

以前にエントリーしたフェイバリット・アルバム100撰の内容を改め、120枚に増量しました。順位付けは上位10枚まで、それ以下は、☆☆☆ No.11~30 の20枚☆☆  No.31~60 の30枚☆   No.61~120 の60枚ざっくり3つのグループに分類、グループ内は順不同です。作品に対する ...

Working On You / Lamont Dozier Columbia '81 モータウン~インヴィクタス/ホットワックスと、デトロイトに根を張り数多くの名曲を世に送り出してきた稀代の作曲家、ラモン・ドジャー。しかしドジャー自身は歌い手としてのキャリアを求めたていたのか、ブライアン&エデ ...

Turn On The Lights - Be Happy / Kellee Patterson Shadybrook '77 海岸沿いでスケボーするジャケットが素晴らしく素敵な本作は、ミス・インディアナの経歴を持つジャズ/ソウル・シンガー、ケリー・パターソンの3rdアルバム『Turn On The Lights - Be Happy』。1973年に ...

Mandrill Is / Mandrill Polydor '72 妙にイケメンな大猿が宇宙空間に浮かぶジャケットがインパクト抜群な本作は、パナマ生まれのウィルソン3兄弟を中心にブルックリンで結成された超ハイブリッド・ファンク/ソウル/ロック/ラテン/アフロ・バンド、マンドリルの2ndア ...

Finger Lickin Good / Dennis Coffey Westbound '75 女性の股間にチキンをあてがったジャケットに、ケンタッキー・フライド・チキンの有名なキャッチ・コピーから戴いたタイトル『Finger Lickin Good』(指ナメちゃうほどおいしい)。個人的にはパンツの柄がやや色気に欠 ...

Action / The Blackbyrds Fantasy '77 名門ハワード大学の学生たちにより結成されたジャズ・ファンク・バンド、ブラックバーズ。恩師ドナルド・バードの庇護のもと、1974年にファンタジーからレコード・デビュー。以来、80年までの間に同レーベルから7枚のアルバムをリリ ...

Sugar Kiss / Sugarfoot Warner Bros. '85 オハイオ・プレイヤーズの中核メンバーで、特にマーキュリー移籍以降はその猥雑でネチッこい黒汁ダダ漏れのヴォーカルとギターでバンドを牽引したリロイ "シュガーフット" ボナー。70年半ばのオハイオ黄金期には、そのいかにもワ ...

Coke / Coke Escovedo Mercury '75 オークランド出身のプロデューサー/アレンジャー/パーカッション奏者、コーク・エスコヴェード。70年代前半には兄のピート・エスコベードらとラテン・ロック/ファンク・バンド、アステカを結成。アステカは2枚のアルバムを残して解散 ...

The Power Of The One / Bootsy Collins Sweetwater Studios '20 前作『World Wide Funk』から約3年ぶりとなるブーツィー・コリンズのニュー・アルバム『The Power Of The One』。本国アメリカでは昨年10月にリリースされたようだが、スウィートウォーター・スタジオなる ...

Makings Of A Dream / Crackin' Warner Bros. '77 サンフランシスコを拠点に活動した白黒混合バンド、クラッキン。75年のデビュー以来4枚のアルバムを残しているが、リリースを重ねるごとにサウンドは都会的に洗練されて行き、特に後半の2枚がAOR作品として人気が高いと思 ...

Inspiration / Maze featuring Frankie Beverly Capitol '79 メイズの作品では、やはり『Live In New Orleans』や『Live In Los Angeles』が個人的には最高だと思うのだけれど、スタジオ録音作の中から1番好きなアルバムを選ぶのなら、この79年の3rdアルバム『Inspiration ...

The Ebony Jam Band Starbound '81 西海岸発、男女混合の7人組ファンク・バンド、エボニー・ジャム・バンド。このバンドについてまったく情報を持ち合わせていないが、本作が唯一のリリースとなるようだ。ジャケットからして非常に安っぽいが、肝心の音の方も、そこそこ大 ...

↑このページのトップヘ