'Nard / Bernard Wright Arista GRP '81 先日訃報が伝えられたキーボード奏者、バーナード・ライト。10代前半からプロのミュージシャンとして活動し、1981年に自身初のリーダー作となる本作『'Nard』をリリースした時点でまだ弱冠18歳だったのだから、相当早熟な才能だと ...

Shaft / Isaac Hayes Enterprise '71 ブラックスプロイテーション映画の金字塔『Shaft』。アイザック・ヘイズが手掛けたそのサウンドトラック盤もまた、この分野の先駆的な作品として歴史に名を刻む名作。作品の内容も優れたものだが、これが大ヒットしたことも大きい。ア ...

Leon Ware United Artists '72 60年代後半から作曲家として活動し、マイケル・ジャクソン「I Wanna Be Where You Are」やクインシー・ジョーンズ「If I Ever Lose This Heaven」、ミニー・リパートン「Inside My Love」、そしてマーヴィン・ゲイ『I Want You』など、ソン ...

High Voltage Columbia '72 ハイ・ヴォルテージは1972年にアルバム1枚のみを残すバンドだが、非常に興味深い面子が顔を揃えている。ジャケットに写るメンバー6人のうち、ヴォーカルは77年にソロ・アルバム『My Music Is Hot』をリリースするラロミー・ウォッシュバーン。 ...

Back For More / Al Johnson Columbia '80 名門ハワード大学に学び、60年代後半にはハワードの同窓生たちとヴォーカル・グループ、ユニフィックスを結成。その後もワシントンDCをベースにソングライター、プロデューサーとしても活動したアル・ジョンソン。自身のソロ・ア ...

2nd Wave / Roland Haynes Black Jazz '75 1971年から75年の間に計20枚のアルバムをリリースしたブラック・ジャズ・レコーズ。レーベルが閉鎖された75年はローランド・ヘインズ『2nd Wave』とクリーヴランド・イートン『Plenty Good Eaton』の僅か2枚のリリースに留まって ...

Expansions / Lonnie Liston Smith & The Cosmic Echoes Flying Dutchman '75 アート・ブレイキーやファラオ・サンダース、マイルス・デイヴィスのバンドなどでプレイしていたジャズ鍵盤奏者、ロニー・リストン・スミス。自身のバンド、コズミック・エコーズを率い、1973 ...

Resurrection / Common Sence Relativity '94 コモン(・センス)の2ndアルバム『Resurrection』。92年の1stアルバム『Can I Borrow A Dollar?』はシカゴ・ローカルなイナたい作品で、そこが独特な味わいを醸していたように思うが、本作は洗練されたサウンドの非常に完成 ...

Spirit / Earth, Wind & Fire Columbia '76 シングル「Shining Star」のNo.1ヒットを生んだ『That's The Way Of The World』と、2枚組ライヴ盤『Gratitude』の両作品で全米アルバム・チャートを征し、セールス面において絶頂期にあったアース・ウィンド&ファイアが、翌76 ...

Shaft's Big Score! / Gordon Parks MGM '72 ブラックスプロイテーション・ムービーの金字塔『Shaft』。大ヒットを受けて、その続編として72年に『Shaft's Big Score!』、73年に『Shaft In Africa』の2本が制作されている。サウンドトラックは1作目のアイザック・ヘイズか ...

On The Rise / The S.O.S. Band Tabu '83 西海岸の新興レーベル、タブーから1980年にデビューしたアトランタのファンク/ソウル・バンド、SOSバンド。1stアルバムからのリード・シングル「Take Your Time」が全米シングル・チャート3位のヒットを記録するなど幸先のよいス ...

Feelin's From Within / Joe Thomas Groove Merchant '76 ジャズ・フルート&サックス奏者のジョー・トーマス。70年代にグルーヴ・マーチャントからアルバム4枚リリースしているが、76年の本作『Feelin's From Within』は同レーベルからの最後の作品。おそらく、トーマス ...

Unlock The Funk / Locksmith Arista '80 70年代後半にグローヴァー・ワシントンJr.のバックを務めたミュージシャンたちにより結成されたバンド、ロックスミス。アルバムは80年の本作『Unlock The Funk』1枚のみで、ハーヴィー・メイソンがプロデューサーを務めている。フ ...

A Day In The Life Of A Player / Gold Money Tommy Boy '92 デジタル・アンダーグラウンド周辺から出てきたビッグ・マネー・オーディスとピー・ウィーの2人組、ゴールド・マネー。DU作品では『This Is An E.P. Release』や『Sons Of The P』のクレジットに名前を見かける2 ...

The Billion Dollar Band Good Sound '77 マイアミの5人組バンド、ビリオン・ダラー・バンド。スパッツやチーズの作品をリリースしている地元のマイナー・レーベル、グッド・サウンズから出た本作が彼ら唯一のアルバム。ファンクとしては軽量級だが、ヴォーカル&コーラス ...

One Wish / Jeannie Reynolds Casablanca '77 70年代後半にカサブランカ・レコーズから2枚のアルバムをリリースしたジーニー・レイノルズ。その1stアルバム『Cherries, Bananas & Other Fine Things』は、数曲でブーツィー・コリンズやバーニー・ウォーレル、ゲイリー・シ ...

Say My Friend / The Rance Allen Group Capitol '7770年代前半にスタックス傘下トゥルースのゴスペル専門レーベル、ゴスペル・トゥルースから作品をリリースしていたゴスペル・ヴォーカル・グループ、ランス・アレン・グループ。その後、77年にキャピトルから1枚だけアル ...

Confined To Soul / Ike Turner presents The Family Vibes United Artists '73 アイク・ターナーが送り出したこのファミリー・ヴァイブスというバンドは、70年代前半のアイク&ティナのバックアップを務めていたミュージシャンたち。この名義で2枚のアルバムをリリースし ...

Two Headed Freap / Ronnie Foster Blue Note '72 ジャズ・オルガン/鍵盤奏者のロニー・フォスター。70年代には名門ブルー・ノートから7枚ものリーダー作(ライヴ盤含む)をリリースしているようだが、それ以前のキャリアはDiscogsで調べた限りでは70年のグラント・グリ ...

その曲に宿るドス黒く凶暴なファンクネスを最大限に増幅させる悪魔的装置、それがクラヴィネット。スライ・ストーン、スティーヴィー・ワンダー、バーニー・ウォーレル、クリス・ジャスパーといったクラヴィネット・マスターをはじめ、数多くの鍵盤奏者たちがこのFunkamplifi ...

↑このページのトップヘ