FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

Lost And Found : Hip Hop Underground Soul Classics / Pete Rock BBE '03 94年の『The Main Ingredient』を最後に、C.L.スムーズとのコンビを解消したピート・ロック。プロデューサー業に本腰を入れるべく、エレクトラ傘下にソウル・ブラザー・レコーズを設立、そこから ...

Safety Zone / Bobby Womack United Artists '75 ボビー・ウォマックの75年作『Safety Zone』。本作は、前作『I Don't Know What The World Is Coming To』に引き続き、ウェスト・コースト録音。レコーディング・メンバーには、ジェイムス・ギャドソン、ワー・ワー・ワト ...

Soul Fever / Marie Queenie Lyons Deluxe '70 数枚のシングルとアルバム1枚をリリースしたのみで、その後忽然と歴史の闇に消えた女性シンガー、マリー・クイニー・ライオンズ。今ではレア・グルーヴ名盤として名高い、その唯一のアルバム『Soul Fever』は、キング傘下の ...

Keep On Dancin' / Bohannon Dakar '74 結構な枚数のソロ・アルバムを出しているハミルトン・ボハノン。70年代末に大量に出されたディスコ作品などは、あまり積極的にチェックする気になれないが、ダカーからリリースされた初期のアルバムは一級品のファンクとして聴く価値 ...

Live At Glen Mills Reform School For Boys / Sound Experience GSF '73 フィラデルフィアの大型ファンク・バンド、サウンド・エクスペリエンスは3枚のアルバムを残しているが、本作は73年リリースの1stアルバム。アルバム・タイトルから分かりとおり本作はライヴ盤だが、 ...

Brother On The Run / Johnny Pate Perception '73 60年代にはインプレッションズのアレンジャーとして数多くの名曲に携わり、70年代に入るとソロ独立後のカーティス・メイフィールドの傑作群で辣腕を振るったジョニー・ペイト。カーティス作品での仕事は、72年のブラック ...

Spacing Out / The Invaders Duane '70 バミューダのファンク・バンド、インヴェイダーズの70年作『Spacing Out』。カリブ海とか西インド諸島というと、ビギニング・オブ・ジ・エンド『Funky Nassau』みたいな感じを勝手に想像していたのだが(改めて地図を見ると、バミュ ...

Black Fire / Pacific Express EMI '76 南アフリカはケープタウンのバンド、パシフィック・エクスプレスの1stアルバム『Black Fire』。以前にこのバンドの2ndアルバム『On Time!』をレヴュー済みだが、本作も2ndに負けず劣らずの良作。『Black Fire』というアルバム・タイ ...

Let's Have A Party / Geraldo Pino & The Heart Beats Nemi '74 西アフリカ、シエラレオネのアフロ・ファンク巨人、ジェラルド・ピノ。フェラ・クティよりも早くJBスタイルのファンク、ソウルを取り入れ、そのフェラにも多大な影響を及ぼしたというモノ凄い偉人。ジャケッ ...

Funky Movement / Timothy Mcnealy Now-Again '17 60年代にはボビー・パターソンのバンドでキャリアを積んだというテキサス出身のミュージシャン、ティモシー・マクニーリー。ソロ・アーティストとしては、70年代初頭にシングルを数枚出したのみのようだが、この度ナウ・ ...

Treat You Right / Rayfield Reid & The Magnificents Ken-Tone '76 ノース・キャロライナ出身のレイフィールド・リードなるミュージシャン率いるグループ、マグニフィセンツがナッシュビルのレーベルからリリースした唯一のアルバムが本作『Treat You Right』。ファンク・ ...

Let The Rhythm Hit 'Em / Eric B. & Rakim MCA '90 エリックB&ラキムのことを初めて知ったのは、ジョディー・ワトリー「Friends」での客演だった。その直後にリリースされた3rdアルバム『Let The Rhythm Hit 'Em』は、ひょっとすると彼らの4枚のアルバムの中では一番地 ...

I Turn You On / Billy Martin & The Soul Jets Onion '74 ニューヨーク出身で、主にカナダで活動していたというトランペット奏者、ビリー・マーティン。ソウル・ジェッツなるグループを率いての本作『I Turn You On』は、ブラック・ミュージック正史では語られることのな ...

Satisfaction Guaranteed! / Larry Davis Perception '70 フィラデルフィアを拠点に活動していたという無名のソウル・シンガー、ラリー・デイヴィス。アルバムはおそらく本作『Satisfaction Guaranteed!』1枚のみ。フィリー・ソウル黎明期のリリース、またレーベルがパー ...

James River Album Prelude / D'angelo Think Differently Music '10 『Voodoo』のリリース後の長い長い沈黙の時期、痺れを切らしたファン心理につけ込むように、シンク・ディファレントリー・ミュージックなるレーベルからブート紛いの怪しげなCDがいくつかリリースされ ...

Band Of Thieves Ovation '76 白人4人を含む9人組ソウル・グループ、バンド・オブ・シーヴスの唯一のアルバム。このバンドについて詳しいことは分からないが、本作はミネアポリス録音とのこと。シカゴ周辺のグループという情報もあるが、たしかにシカゴっぽいメロウで柔ら ...

Love Means Everything / Touch Of Class Stack-O-Hits '81 フィラデルフィアの4人組ヴォーカル・グループ、タッチ・オブ・クラス。本作『Love Means Everything』は、76年の1stアルバム『I'm In Heaven』から1曲削り、新たに2曲を追加して81年に再リリースされたもの。ウ ...

The Grodeck Whipperjenny People '70 JBが主宰するピープル・レーベルからの異色作。このグローデック・ウィッパージェニーは、フレッド・ウェズリーとともに70年代のJBを支えたアレンジャー、デイヴィッド・マシューズの実質リーダー作。コレが、JBファンクとは大きく趣 ...

Rubicon 20th Century '78 スライ&ザ・ファミリー・ストーンのオリジナル・メンバーであるサックス奏者、ジェリー・マルティーニが率いる白人7人組バンド、ルビコン。メンバーには元コールド・ブラッドのトランペッター、マックス・ハスケットも名を連ねており、ジェリー ...

Soul Makossa / The Ghana Soul Explosion Pickwick International '73 主にRCA原盤のレコードの廉価盤を発売していたというレーベル、ピックウィックからリリースされたガーナ・ソウル・エクスプロージョンなるグループのアルバム『Soul Makossa』。おそらくはスタジオ・ ...

↑このページのトップヘ