FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

初期パーレットのメンバーだったデビー・ライトが亡くなった。パーレットの3枚のアルバムのうち、デビーがメンバーとして参加しているのは78年の1st『Pleasure Principle』の1枚のみ。だが、75年~78年のPファンク全盛期に、実は彼女は重要な役割を果たしたのではないか、と ...

Live In Philadelphia 1975 / Allen Toussaint Warner Bros. '16 2003年リリースの2枚組CD『The Complete Warner Recordings』に収録されていた、1975年の蔵出しライヴ音源を、2016年になってアナログ・リリースしたのが本作。75年ということは、名盤『Southern Nights』 ...

Iconic : Message 4 America / Sheila E. Stilettoflats Music '17 80年代後半、プリンスの革命を支えた功労者の1人、シーラE。90年代以降はプリンスと袂を分かったが、歳を取って殿下も丸くなったのか、シーラも殿下を許したのか、21世紀に入ってからは徐々に関係が改善 ...

Sophisticated Funk / Jack McDuff Chess '76 貞操帯ジャケットが強烈過ぎる、ジャック・マクダフの76年作『Sophisticated Funk』。コッテコテにブルージーなオルガン奏者という印象のマクダフだが、本作では全編でエレピやフェンダー・ローズを演奏し、タイトルどおり洗 ...

Magicians Holiday / The Gap Band Shelter '74 「Burn Rubber On Me」「You Dropped A Bomb On Me」といったファンク・ナンバーや、「Yearning For Your Love」や「Outstanding」がヒップホップ/R&Bで多数サンプリングされるなど、主に80年代に活躍したファンク・グルー ...

Songs In The Key Of Life / Stevie Wonder Tamla '76 スティーヴィーの作品中、最も人口に膾炙したアルバム『Songs In The Key Of Life』。今更レヴューするのも憚られるような大有名盤。一般的には、スティーヴィーの代表作といえばコレだろうが、個人的には、『Innervi ...

I'm Real / James Brown Scotti Bros. '88 本作は88年のリリースだが、CDを買ったのは90年頃。それまでJBのアルバムは、デパートのワゴン・セールで買った廉価なベスト盤を1枚持っていただけだったので、この『I'm Real』が初めて買ったJBのオリジナル・アルバムというこ ...

Funk Fu Fight 2 Big Cheese '04 コレはフランスのビッグ・チーズなるレーベル発のレア・ファンク・コンピレーション。カンフーに引っ掛けたタイトルとチキンのジャケットの整合性の無さから、あまり期待せずに聴いたのだが、これがなかなかイカツいディープ・ファンク揃い ...

The Band! / Osiris Tomdog '80 DCの重量級ファンク・バンド、オサイリス。1st『Since Before Our Time』、2nd『O-Zone』ともに、Pファンクの衣鉢を継ぐかのようなヘヴィー・ファンクの傑作だったが、3rdアルバムとなる本作『The Band!』も超強力。前作にゲスト参加し、フ ...

Boogie Woogie / Sound Experience Buddah '75 フィラデルフィアの大型ファンク・バンド、サウンド・エクスペリエンス。3枚あるアルバムのうち、唯一CD化されている2ndアルバムの『Don't Fight The Feeling』はなかなかの力作だったが、3rdアルバムとなる本作『Boogie Woo ...

Black Feeling! / Johnny "Hammond" Smith Prestige '70 オルガン・ソウル・ジャズ/ジャズ・ファンクの大家、ジョニー "ハモンド" スミスがプレスティッジに残したスペシャルな1枚『Black Feeling!』。そのアルバム・タイトルとイカシたジャケットからして、黒い体臭が匂 ...

Viva Tirado / El Chicano Kapp '70 L.A.出身のチカーノ達により結成されたラテン・ロック/ファンク・バンド、エル・チカーノ。マーヴィン・ゲイ『What's Going On』のカバーが日本ではフリー・ソウル界隈で人気となったが、その曲が収録されたメロウな4枚目のアルバムよ ...

Get Down With The Philly Jump / Instant Funk TSOP '76 フィラデルフィアを代表するファンク・バンド、インスタント・ファンク。このバンドと言えば、バニー・シグラー・プロデュースの79年のヒット曲「I Got My Mind Made Up(You Can Get It Girl)」がディスコ・ファン ...

Where Or When / Norman Feels Just Sunshine '74 デトロイト出身のシンガー・ソングライター、ノーマン・フィールズ。70年代前半にジャスト・サンシャインから2枚のアルバムを出している人だが、73年の1stアルバムはニュー・ソウル真っ只中でリリースされた地味で内省的 ...

Rush Hour / Bobby Rush Philadelphia International '79 ルイジアナ出身、60年代から活動を始め、今も現役バリバリでチトリン・サーキットを回るブルースマン、ボビー・ラッシュ。ようやく1stアルバムのリリースに漕ぎ着けたのが1979年。本作『Rush Hour』がソレだが、シ ...

Cold Blooded / The Bar-Kays Volt '74 蛇が苦手な人であれば正視に耐えられないような、ドギツいジャケットが強烈なインパクトを残すバーケーズのヴォルト在籍時最後のアルバム『Cold Blooded』。スタックス/ヴォルト時代のバーケイズは、ゴツゴツした感触の土臭いファン ...

Woga / Charles Kynard Mainstream '72 本作『Woga』は、オルガン奏者チャールズ・カイナードのメインストリームからの2枚目のアルバム。前作はジェイムス・ギャドソン、キャロル・ケイのリズム隊がグルーヴを牽引する傑作だったが、本作でのリズム・セクションはポール・ ...

This Is The Beginning / Leon's Creation Studio 10 '70 オルガン奏者、レオン・パティロ率いるサンフランシスコの黒白男女混合7人組バンド、レオンズ・クリエイション。本作はこのバンド唯一のアルバムだが、メンバー構成やジャケット及び裏ジャケの雰囲気から察しがつ ...

Lights Out : San Francisco Voco Presents The Soul Of The Bay Area Blue Thumb '72 サンフランシスコのラジオDJのヴォコなる人物が、地元ベイエリアをレペゼンすべくミュージシャンを集め録音した2枚組LP。主な参加メンバーは、タワー・オブ・パワー、リディア・ペンス ...

Blacksmoke Chocolate City '76 L.A.の黒白混合8人組ファンク・バンド、ブラックスモーク。このバンド唯一のアルバムとなる本作は、ウェイン・ヘンダーソンのプロデュースで、カサブランカ傘下のレーベル、チョコレート・シティーからのリリース。ややライトながら小気味 ...

↑このページのトップヘ