FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

Can You Feel It / The Voices Of East Harlem Just Sunshine '74 ニューヨークの男女混成ゴスペル・ヴォーカル・グループ、ヴォイシズ・オブ・イースト・ハーレムの3rdアルバム『Can You Feel It』。コーネル・デュプリー、チャック・レイニー、リチャード・ティーら腕利 ...

Super Funk Is Back Volume 5 Rare And Classic Funk 1968-1977 BGP '07  ロウでダーティーなディープ・ファンクが聴きたくなったら、取りあえずコレを聴いときゃ間違いないBGPの看板シリーズ『Super Funk』。本作はその第5弾。今回も臭みたっぷりの黒々としたファンク ...

Fresh Out / Eddie Russ Jazz Masters '74 デトロイトの鍵盤奏者、エディー・ラスのレア・グルーヴ/ジャズ・ファンク・クラシック「The Lope Song」を含むアルバム『Fresh Out』。エディー・ラスのメロウなエレピがなかなか気持ちよく、アフター・アワーズ感漂うナイスな ...

22 Somerset Dr. 1976-1978 / Santiago Manufactured '16 マンドリルのドラマー、ネフタリ・サンティアゴが一時バンドを離れていた76年から78年の間に録音したソロ音源をコンパイルした編集盤。Discogsによると、本作収録曲のうち、「Feelin' Good」「Land Of The Leaping ...

The Chocolate Invasion / Prince NPG '04 2004年に会員制ウェブサイト、NPGミュージック・クラブからダウンロードのみでリリースされたアルバム『The Chocolate Invasion』。元々は、2001年から2002年頃にNPGMCから単発で配信されていた楽曲を、後年になってアルバムとし ...

Live In Los Angeles / Maze featuring Frankie Beverly Capitol '86 フランキー・ビヴァリー率いるソウル・バンド、メイズの86年ロサンゼルスでのライヴ盤。メイズのライヴ盤と言えば、何と言っても名盤『Live In New Orleans』があるが、この『Live In Los Angeles』も ...

Out Of The Dark / O.G. Funk Rykodisc '93 オリジナル・ファンカデリックのベーシスト、ビリー・ネルソン主導のプロジェクト、O.G.ファンクの唯一のアルバム『Out Of The Dark』。リリースの前年に亡くなったビリーの盟友、エディ・ヘイゼルに捧げられた本作、ジェローム ...

Just Outside Of Town / Mandrill Polydor '73 マンドリルの4thアルバム『Just Outside Of Town』。アフロ/ラテン/ロックの要素が、原型を留めたままファンクの闇鍋でグツグツと煮込まれたような音楽性は本作でも健在。各曲の振り幅の大きさは相変わらずだが、楽曲のク ...

Men Of The Music / The Band AKA Bouvier '83 80年代の3枚のアルバムを残す西海岸のグループ、バンドAKA。プロデューサーのジェイムス・ジャレットによるプロジェクトといった色合いが強く、アルバム制作にあたってはセッション・ミュージシャンを招集して録音したものと ...

Soul Food / Goodie Mob LaFace '95 シー・ロー、Tモー、ビッグ・ギップ、クージョーの4人からなるアトランタのグループ、グッディー・モブ。同じくアトランタを根城とするプロデューサー・チーム、オーガナイズド・ノイズのバックアップを受けてリリースした1stアルバム ...

Madcliff Guinness '77 レア盤の宝庫として知られるレーベル、ギネスからリリースされたマッドクリフの唯一のアルバム。かなりのレア度を誇るらしい本作も、例によって謎の多いアルバムだが、どうやらクリス・ヒルなる人物が主導するバンド/プロジェクトのようで、グルー ...

Back To Reality... / Jeune Shiro '95 素性不明のアーティスト、ジョーン(ジューン?)の唯一のアルバム『Back To Reality...』。L.A.が拠点と思われるが、全編生音による人力グルーヴは、Gファンク的な装飾とオーガナイズド・ノイズに通底するドス黒くドロリとしたファ ...

The Best Of Osiris / Osiris Black Pyramid '07 オサイリス・マーシュ率いるファンク・バンド、オサイリスは、70年代末から80年代半ばにかけて3枚のアルバムをリリースしているが、2ndアルバムの『O-Zone』が怪しげなCDRで出ているだけで、いずれのアルバムも今だにマト ...

Li'l Suzy / Ozone Motown '82 80年代前半にモータウンから5枚のアルバムをリリースしたファンク・バンド、オゾンの4thアルバム『Li'l Suzy』。モータウンということで、何となく中庸なファンク/ソウル・バンドをイメージしてしまうが、本作はエッジの立ったカッコいい秀 ...

Straight From The Gate / The Headhunters Arista '77 ヘッドハンターズが『Survival Of The Fittest』から2年後にリリースした2ndアルバム『Straight From The Gate』。ジャケットのメンバー写真からも分かるとおり、本作ではメンバー・チェンジを敢行。パーカッショニ ...

Hard World / Heads Funk Band Heads Funk Band '75 3人組ナイジェリアン・ファンク・バンド、ヘッズ・ファンク・バンドの75年作『Hard World』。このバンドについて詳しいことは何も知らないが、ナイジェリアということで当然ながらフェラ・クティからの影響大。ホーンは ...

Civil Attack Salsoul '83 80年の『Stone Jam』を最後にスレイヴを脱退した”フィアレス・リーダー”、スティーヴ・ワシントン。子飼いのグループ、オーラの作品をプロデュースする傍ら、83年にサルソウルからリリースしたシヴィル・アタックなるプロジェクトの唯一のアル ...

Doggystyle / Snoop Doggy Dogg Death Row '93 『The Chronic』で一大センセーションを巻き起こしたDr.ドレーのGファンク。90年代前半はドレーのサウンドをコピーしたヒップホップやR&Bが粗製乱造されたが、本家本元、オリジナル・Gファンクの凄味を見せつけた決定打とな ...

Awaken, My Love! / Childish Gambino Glassnote '16 一部で話題のチャイルディッシュ・ガンビーノ。その正体は俳優/コメディアンとしても幅広く活動するドナルド・グローヴァーなる人。既に数枚のヒップホップ・アルバムをリリースしているらしく、前作『Because The In ...

Tough Guys / Isaac Hayes Enterprise '74 『Shaft』の成功で黒人映画音楽の第一人者となったアイザック・ヘイズが、そのキャラクターを生かし自ら主演した”Three Tough Guys”のサウンド・トラック。本作でも『Shaft』同様にソウル/ファンク/ジャズが交錯した、ヒリヒ ...

↑このページのトップヘ