FUNK OF AGES

Funk & Soul Disc Review

Sneakin' Sally Through The Alley / Robert Palmer Island '74 自分の世代的には、ロバート・パーマーというとパワー・ステーションや大ヒットした「恋におぼれて」の人、という程度の認識で、当時ラジオでもよく流れていた記憶がある。UKの伊達男といったイメージや、良 ...

Safe + Sound / DJ Quik Profile '95 コンプトン出身のラッパー/プロデューサーのDJクイック。Dr.ドレー、Gファンクが圧倒的な猛威を振るった90年代前半、西海岸のヒップホップ作品の多くはGファンクの影響下にあり、クイックの作品もその中のひとつではあるが、ドレー以 ...

The Blackbyrds Fantasy '74 ダニー・ハサウェイやロバータ・フラック、リロイ・ハトソンらを輩出した名門、ハワード大学の学生達が結成したジャズ・ファンク・バンド、ブラックバーズ。当時ハワードで教鞭を執っていたというドナルド・バードが仕掛人で、見込みのある教 ...

Dust Yourself Off / Pleasure Fantasy '75 オレゴン出身のファンク・バンド、プレジャーのラクダジャケでお馴染みの1stアルバム『Dust Yourself Off』。ファンタジーというレーベルは面倒見がいいのか、ファンク・インクにしろブラックバーズにしろ、あまりヒットしたと ...

West Wing 20th Century '75 バリー・ホワイトのプロデュースによる4人組ヴォーカル・グループ、ウェスト・ウィングの唯一のアルバムが、この度初CD化。70年代半ばのバリーは、女性3人組のラヴ・アンリミテッドに始まり、トム・ブロック、ジェイ・ディーといった男性シン ...

Chocolateclay Cat '77 マイアミはTK周辺の作品に関与してきた2人のスタジオ・ミュージシャン、黒人ベーシストのジョージ"チョコレート"ペリーと白人キーボード奏者のクレイ・クロッパーによるユニット、チョコレートクレイの唯一のアルバム。レア・グルーヴやフリー・ソ ...

Planet Earth / Prince NPG '07 約10年ぶりのメジャー・リリースとなった2004年の『Musicology』、『Batman』以来17年ぶりの全米アルバム・チャート1位を記録した2006年の『3121』と、90年代のこじらせ期から堂々たるオーバー・グラウンドへの帰還を遂げ、第2の黄金期到来 ...

I Love You... Me / Cherokee RCA '99 92年にオート&チェロキーという夫婦デュオでデビュー。その作品は未聴だが、その後いろいろあって別れた後、90年代も末になって再起を図りリリースしたソロ1stアルバムとなる本作『I Love You... Me』は、当時非常によく聴いた作品 ...

World Wide Funk / Bootsy Collins Mascot '17 『Tha Funk Capital Of The World』以来、6年ぶりとなるブーツィーの新作『World Wide Funk』が昨年リリースされた。本作も、ここ20年ほどにリリースされたブーツィー作品同様に、人徳と人脈を駆使して豪華ゲスト陣を招集し ...

Sunshine Man / Harold Alexander Flying Dutchman '71 ジャズ・サックス/フルート奏者、ハロルド・アレキサンダーがフライング・ダッチマンからリリースした1stアルバム『Mama Soul』。同時期にフライング・ダッチマンからリリースされたギル・スコット・ヘロン『Pieces ...

Funky Miracle Live At Moonwalker 2 / The Legendary Meters featuring The JB Horns Lakeside Music '93 ミーターズ(のレオ・ノセンテリとジョージ・ポーターJr.)とJBホーンズ(メイシオ・パーカー、フレッド・ウェズリー、ピー・ウィー・エリス)、ファンク・レジェ ...

Wings Of Love / The Temptations Gordy '76 ソウルの歴史に太文字でその名が記されるヴォーカル・グループでありながら、これまで当ブログで取り上げてこなかったテンプテーションズ。モータウンの看板グループとして、スモーキー・ロビンソンと組んで数多くのヒット曲を ...

I'm Funky Now / Melvin Sparks Ace '17 70年代にプレスティッジなどから数枚のアルバムをリリースしてきたジャズ・ファンク・ギタリスト、メルヴィン・スパークス。プレスティッジを離れた後、73年にイーストバウンドから『Texas Twister』、75年にウェストバウンドから ...

Like A Ship... (Without A Sail) / Pastor T.L. Barrett And The Youth For Christ Choir Mt. Zion '71 本作は、シカゴのマウント・ザイオン・バプティスト教会の牧師、T.L.バレットが、彼のクワイアを率いて録音したアルバム。この教会の信者向けに制作されたモノと思わ ...

Instrumental Directions / The Nite-Liters RCA '72 ニュー・バースの前身バンド、ナイト・ライターズがリリースした5枚のアルバムはいずれもファンク良作だが、3rdアルバムとなる本作『Instrumental Directions』も聴き応え十分。バンドの後見人であるハーヴィー・フー ...

Stand By Your Man / Candi Staton Fame '70 年明け早々に亡くなっていたリック・ホール。フェイム・スタジオのオーナー/プロデューサーとして、数多くのサザン・ソウル名曲を世に送り出してきた巨匠。リックが手がけた作品の中でも、キャンディー・ステイトンの最初の2 ...

Trapped By A Thing Called Love / Denise La Salle Westbound '72 70年代に活躍したサザン・ソウル・シンガー、デニス・ラサールの訃報。彼女の作品をそれほど熱心に聴いてきたわけではないが、1stアルバムにして代表作となる本作『Trapped By A Thing Called Love』や次 ...

The Earl Of Funk / Earl Van Dyke Soul '70 モータウンが生み出した数多くのヒット曲を陰で支えたファンク・ブラザーズ。”The Sound Of Young America”を体現し、黒人所有の音楽レーベルとして類例のない成功を収めたモータウンにおいて、彼らの貢献は計り知れないほど ...

Peddlin' Music On The Side / Lamont Dozier Warner Bros. '77 作曲家として60年代にはモータウンでヒット曲を大量に送り出し、モータウンを離れた後はインヴィクタス/ホットワックスで精力的に活動したラモン・ドジャー。しかし、もとよりシンガー志向が強く、モータウ ...

The Black Gladiator / Bo Diddley Checker '70 ロックンロールのオリジネイター、ブルースの巨人、ボー・ディドリーの70年代ファンク・エラの幕開けを飾る衝撃作『The Black Gladiator』。粗い切り口でバリバリと鳴らすギターはもちろん、ドシャドシャと踏み鳴らすドラム ...

↑このページのトップヘ