curits live
Live!/Curits Mayfield
 Curtom  '71

70年代前半のカーティスは傑作揃いで、どれがベストかはその時の気分によるけど、『Superfly』か『There's No Place Like America Today』か、この『Live!』のうちのどれか。いや、『Curtis』や『Back To The World』も捨て難いな。まぁそれだけ当時のカーティスは質量ともに凄かったってこと。
ソロ2ndにして、いきなりライヴ盤。しかもアナログ2枚組ってとこからも、カーティスの自信が窺えるような。ジャケットの、ギターを抱えるカーティスの画的なカッコよさからも既に名盤の雰囲気が漂ってる。カーティスの背後の特徴的なレンガの壁は、ダニー・ハサウェイのライヴ盤のB面と同じく、ニューヨークのライヴハウス、ビターエンド。いかにも狭い箱で演っているのが伝わってくる臨場感と親密感溢れる録音。
ドラムス、ベース、パーカッションにカーティス含むギター2本というシンプルな編成だけど、当時のカートムのハウス・バンドの凄さを感じさせる、タイトにうねるグルーヴが堪らない。特にドラムスのタイロン・マッカランの、突き刺さるようなスネアにはヤラれる。マスター・ヘンリー・ギブソンは、ここぞとばかりにアフロなボンゴ、コンガを打ち込んでくる。カーティスのほろ苦いファルセットとワウ・ギターの絡みも素晴らしい。
インプレッションズ時代のレパートリーが中心だけど、「Mighty Mighty(Spade And Whitey)」「We're A Winner」「Check Out Your Mind」「Gypsy Woman」など、よりファンキー、よりグルーヴィーな演奏でカッコいい。カーペンターズのカバー「We've Only Just Begun」、インプレッションズの名曲「People Get Ready」、『Curtis』収録の「The Makings Of You」といったバラードには思わず涙腺がユルんでしまう。ラスト2曲はファンキーに盛り上がって大団円。「Stone Junkie」のユルいリラックスした感じについつい和む。
欲を言えば、「Move On Up」も聴いてみたかった。