inner city sounds
Inner City Sounds
 Luv N'Haight '03

70年代のベイエリアに存在したインディ・レーベル、インナー・シティ・レコーズ。ジョージ・センパーなる人物が興したこのレーベルの音源(未発表曲多数)をコンパイルした、非常に優秀な編集盤。
乾いたパーカッシヴなグルーヴ、ガツンとぶつかり合うホーン・セクション、ラテンとのハイブリッドなど、ベイエリア特有のサウンドを楽しめるが、とにかくカッコいいファンク満載で飽きさせない。
クラヴィネットがグニョグニョ蠢くロン&キャンディ「Plastic Situation」、アイズレーの骨太カバーのジョージ・センパー&リズム・キングス「It's Your Thing」、ドラムとベースのウネるグルーヴ、絡みつくワウ・ギターが堪らなくカッコいいイン・ワン・ピース「In One Peace」、ギクシャクしたリズムで強引にファンクするファンカフリーク「Funkorgy」、最高に踊れて泣けるミラクルズのカバー、メアリー・ラヴ「More Love」、レーベルから唯一アルバムをリリースしたパーフェクト・サークルの、クールで震えが来るほどカッコいいスーパー・ファンク「The Hands Of Time」、企画ものバンドと思しきR&Bクラシック・ファンク・バンドによる、スライのファンク史上最重要曲のカバー「Thank U」、サイケデリック・ソウルのファンクハウス「Tenderness」、カッティングでザクザクと刻み付けるグリッティなファンク・チューンのユナイティッド・ソウル・アソシエイション「Sticky Boom Boom」、土臭いミッド・ファンクチューンのパーフェクト・サークル「Spread The News」、トロピカルなピアノが転がる哀愁ラテン・ファンクのファンカティアーズ「funkafied」、ラストはホーン・セクションが映えるファンクプルーフ「Funktime」。