look ka py py
Look-Ka Py Py/The Meters
 Josie '69

ジャケットも最高なミーターズの2nd。
やっていることは1stと大差ないのだが、ジカブーとジョージ・ポーターが繰り出す独特のシンコペーション・リズムの面白さがより際立ち、そこに絡むレオ・ノセンテリのユルくファンキーなカッティング、アートのバイユー感溢れる呪術的なオルガンとのコンビネーションは益々冴えわたっている。
ヒョコヒョコしたユニークなリズム・パターンがファンキー極まりないタイトル曲「Look-Ka Py Py」、今にも止まりそうなタメまくるスロー・ファンク「Rigor Mortis」、オルガンの奥からファンキーな唸り声が聴こえる「Pungee」、凄まじくグルーヴィーな「Thinking」、シンコペしまくるドラムス、地を這うベース・ライン、泡立つようなギター・カッティング、泥臭いオルガンが最高な傑作ファンク「Funky Miracle」、下降していくようなグルーヴがカッコいい「Yeah,You're Right」、オルガンが渦巻く「Little Old Money Maker」、カッティング混じりにフレーズを奏でるギターがカッコいい「Oh,Calcutta!」、ズブズブ沈み込むバイユー・ファンク「The Mob」、ギターのフレーズが印象的な「9 'Til 5」、乾いたグルーヴの「Dry Spell」など、全曲が個性溢れる素晴らしい出来。現行CDにボーナス収録されている「Grass」「Borro」も良く、アルバム通して聴いても何ら違和感ない。
ちなみにジャケットは上からジカブー、ポーター、ノセンテリ、アート。