honey
Honey/Ohio Players
 Mercury '75

オハイオ・プレイヤーズが70年代中期にリリースした3枚、『Skin Tight』『Fire』『Honey』は、いずれも文句の付けようのない傑作。このアルバムからは、「Love Rollercoaster」がまたもNo.1ヒットとなり、名実共に当時の最強ファンク・バンドだったと言える。相変わらずのエロ・ジャケも健在で、見開きの中ジャケに悶絶すること必至。
冒頭のタイトル曲「Honey」がトロットロのスウィート・スロウだが、このアルバムは前2作と比べるとややファンク度抑え目で、スロウの「Let's Love」「Alone」、ミディアムの「Sweet Sticky Thing」などが目立つ。特に「Sweet Sticky Thing」は、今やバンドの代表曲と言えるほどのグルーヴィーでメロウな人気曲。もちろん、ファンク・ナンバーも抜かりなく、シュガーフットのファンク・ヴォイスがドスを利かせるダーティーなヘヴィ・ファンク「Fopp」、ジャジーな展開も見せる「Ain't Givin' Up No Ground」は曲が短いのがもったいない。「Love Rollercoaster」はファンキーなカッティングも最高なパーティー・ファンク。