live in oklahoma
Live In Oklahoma 1976/Bootsy's Rubber Band
 Funk To The Max '01

70年代のラバー・バンドのライヴ音源は、オフィシャルでは他に『Live In Louisville 1978』があるが、これはファンク・トゥ・ザ・マックスという聞き慣れないレーベルからリリースされたちょっと怪しげなCD。アマゾンの取り扱いも普通にあるので、一応オフィシャルということか。ライナーにはマッドボーンとオヴァートンへの謝辞が記されているが、ブーツィーが承知しているかは怪しいような。
マザーシップ・コネクション・ツアーで前座を務めた時の音源と思われる。音質はあまりよくないが、十分に聴けるレベルで、スターダムを駆け上がらんとする若きブーツィーとバンドの勢いを捉えた貴重な音源。オフィシャルのDVD『Stretchin' Out Live 1976』とほぼ同じ構成(DVDはヒューストンでのステージなので音源自体は別モノ)、ピーナットのカウベル・パフォーマンスが最高なこのDVDも必見だ。
「Ahh...The Name Is Bootsy,Baby」のイントロからスタートし、10分近い「Psychoticbumpschool」へとなだれ込む。モコモコに曇った音質がかえって迫力を生むゴリゴリのファンク・グルーヴ。フレッド、メイシオのソロもカッコいい。「Another Point Of View」はクールに燃焼するスタジオ録音版に比べて、ライヴでは熱く燃え滾るへヴィー・ファンクが圧巻。彼らの代表作「I'd Rather Be With You」も10分に及ぶ。バラードなのにブーツィーの剛腕ベースが轟く、へヴィー・ファンク・バラード。前述のDVDではこの曲でブーツィーが上半身裸になりレイディースにアピール、メイシオのMCも何かエロいことを言ってるっぽい。続く「The Funk Jam」は「Ahh...The Name Is Bootsy,Baby」のプロト・タイプ、と言うか「Disco To Go」の原型だ。例の定番キメ・フレーズも出てくる。こういったライヴで練り上げていき曲が出来上がったのがよく分かる。
ライヴ本編はここまでで、残り2曲はアンコール。「Vanish In Our Sleep」はマッドボーンとピーナットが切々と歌うバラード。地味目な曲だが、何しろまだアルバム1枚リリースしたばかりでレパートリーが少なかったのだろう。この時期でしか聴けない貴重な曲なのでは。ラストはもちろん「Strechin' Out(In A Rubber Band)」。これも10分超のファンク・ジャムで、もうカッコいいとしか言いようがない。最後のメイシオのMCはテンション高過ぎて笑える。