what's bootsy doin'
What's Bootsy Doin'?/Bootsy Collins
 Columbia '88

82年の『One Giveth,The Count Taketh Away』以来、長らく沈黙していたブーツィーが、6年ぶりに放った復活作。再始動の前哨戦としてプロデュースを手がけたマイコ・ウェイヴ『Cookin' From The Inside Out!!!』、トラブル・ファンク『Trouble Over Here,Trouble Over There』と同様に、この『What's Bootsy Doin'?』もそれらと同じくデジタルでソリッドな音になっているが、機械的なのに肉感的な粘っこいグルーヴを生み出しているあたりは、さすがグルーヴ・マスターの面目躍如といったところ。
ド頭のゴッドママのラップでブッ飛ばされる「Party On Plastic(What's Bootsy Doin'?)」はめちゃくちゃカッコいいスロー・ファンク。ちょっとプリンスっぽいダンサブルな「Subliminal Seduction(Funk-Me Dirty)」、アッパーなファンク・チューン「Leakin'」も相当カッコいい。Pファンク伝統の童謡っぽいメロディの遊びも入った「Shock-It-To-Me」、新機軸となる異色のアーバン・ファンク・ダンサー「Love Song」、ポップでキュートな「(Iwannabee)Kissin' U」、インダストリアルな感じもあるファンク「★-Ing The The 'Luv Gun'」あたりもなかなか。「Yo-Moma-Loves Ya」は軽いポップ・ナンバーでコレはイマイチ。ラストの「Save What's Mine For Me」は「May The Force Be With You」タイプのミスティックなスロウ。最後にマイコ・ウェイヴ「Instant Replay」が短くリプレイされて終わり。