many facets of roger
The Many Facets Of Roger/Roger
 Warner '81

ロジャーのソロ名義での1stアルバム。
まず、タイトルそのままにロジャーの様々な顔を捉えたジャケットがいい。当時、『P-ファンク...って何だ!?』なる珍妙な邦題が付けられていたらしいが、ここで聴けるのはもちろんPファンクではなく、完全なロジャーのオリジナル・サウンド。ロジャーの完全セルフ・プロデュースで、ザップの1stを共同プロデュースしたブーツィーは関与していない。基本的には、ザップだろうがロジャーだろうが余り違いはないが、ソロ名義の方がロジャーの多才がより発揮され、音楽的な幅はやや広いと言えるかも。このタイトルにはそういう意味も込められているのだろう。
ロジャー・サウンドを構成するトーク・ボックス、スクラッチ・ギター、ハンド・クラップを駆使したファンク・チューンは、お約束のソウル/ファンク・クラシック・カバーの始まりとなるマーヴィン「I Heard It Through The Grapevine」、ゴリゴリかつクールな典型的ザップ・ファンクの「So Ruff,So Tuff」の2曲。「A Chunk Of Sugar」はFMの交通情報のBGM系のフュージョン・インストで、ベンソン風ギターとスキャットのユニゾンまで繰り出してくる芸達者ぶり。「Do It Roger」はワサワサしたコーラスの煽り主体でトーク・ボックス無しだが、ブヨブヨしたボトムと流麗なギターが最高なファンク。ロジャーがブーツィーからもらったというシンセ・ギターの名をタイトルにした「Maxx Axe」は、ファンキーだがややジャジーなグルーヴ。安酒場のジューク・ジョイントって感じの「Blue(A Tribute To The Blues)」はお約束のブルース・ナンバー。