roots
Roots/Curtis Mayfield
 Curtom '71

スタジオ録音アルバムとしては『Curtis』と『Superfly』の間、リリース順では『Curtis/Live!』の次に出されたアルバム。
とにかく、前後のアルバムが名盤ばかりで、相対的に地味な印象になってしまっている作品。アイズレーで言えば『Live It Up』、パーラメントで言えば『The Clones Of Dr.Funkenstein』みたいなポジションだが、それらのアルバムが名盤であるのと同様に、この『Roots』も決して侮れない傑作。
『Curtis』から『Superfly』への過渡期といったサウンドで、『Curtis』でのプログレッシヴでサイケデリックなファンクと伝統的シカゴ・ソウルの混淆から、『Superfly』の完成されたファンク・ソウル・サウンドへの進化の途上にある音。「Move On Up」や「Freddie's Dead」のような決定的な曲に欠けるのが、アルバムの評価がイマイチ上がらない理由なのかも。
ストリングスが緊張感を煽るスリリングなファンク・ナンバー「Get Down」。シカゴ・ソウルの滋養溢れる「Keep On Keeping On」、ファンカデリカルなダークでドロドロとした呪術的スロー・ファンク「Underground」、晴れやかでグルーヴィーなニュー・ソウル賛歌「We Got Have Peace」、「(Don't Worry)If There's A Hell Below,We're All Going To Go」タイプの昂揚感溢れるグルーヴ・チューン「Beautiful Brother Of Mine」、不思議な浮遊感を漂わせる「Now You're Gone」、穏やかなバラード「Love To Keep You In My Mind」と、駄曲無し。
蛇足だが、裏ジャケのカーティスのファッションがかなりカッコいい。『Curits』のジャケットもカッコいいが、こういう部分でもセンス溢れる人なのだなあと思う。