live at club mozambique
Live At Club Mozambique/Lonnie Smith
 Blue Note '95

ドクター・ロニー・スミスの発掘ライヴ音源。デトロイトのクラブ・モザンビークでの70年のライヴ。
数多くのジャズ・ファンク名盤を残すスミスだが、なかでもこのライヴ盤は格別。ゴツゴツしたファンク・グルーヴ、真っ黒に煤けた煙たいムードが堪らない。
スミスの唸り声もファンキーなJBカバー「I Can't Stand It」でスタート。この曲、JBの名前はノン・クレジットだが、御大に怒られなかったのだろうか。続く「Expressions」はテンション漲る高速ジャズ・ファンク。「Scream」「Play It Black」「Love Bowl」とミドル・テンポのジャズ・ファンク~ソウル・ジャズの連打。スミスのオルガンも快調、リズム隊の泥臭さもいい塩梅。再びスミスの唸り声のような黒いヴォーカルが聴ける「Peace Of Mind」は、むせ返る様なスモーキン・グルーヴに燻される。「I Want To Thank You」はスライ「Thank You」のカバー。これもすごくゴツゴツ、モコモコしてる。ファンキーなオルガン、ジョージ・ベンソンのギターもカッコいい。ラストの「Seven Steps To Heaven」はスウィンギーなジャズだが、ここでも一筋縄ではいかない展開。全8曲で70分超だが、一気に聴かせてしまう傑作。