funk drops 2
Funk Drops 2  Breaks,Nuggets And Rarities
 Warner '02

有名無名の極上ファンク・ナンバーを集めた、ワーナー編纂のファンク・コンピレーション・シリーズの2作目。68年~75年までのファンク黄金期の録音だけに、黒く熱いファンク・グルーヴの連打に打ちのめされること必至。
初っ端のボビー・バードの骨太ファンク「Try It Again」からいきなりトップギアで快調にスタート。ノーブル・ナイツのスライ「Sing A Simple Song」のインスト・カバー、激熱ファンキー・ソウルのマイティ・ハンニバルズ「Somebody In The World For You」、「Tighten Up」のオリジネイター、T.S.U.トルネイドーズのご機嫌なダンス・ナンバー「Getting The Corner」、イナタいファンク・チューンのサウスショア・コミッション「Right On Brother」、クラヴィネットがムズムズと這いずりまわるソサイエティーズ・バッグ「Let It Crawl」など、グレイトなB級ファンクがドッチャリ。
アレサ・フランクリン「Rock Steady」、キング・カーティス「Memphis Soul Stew」、ベティ・ライト「Clean Up Woman」といったビッグ・ネームのファンク/ソウル・クラシックもしっかり押さえる親切設計だが、カーティス「If There's A Hell Below,We're All Going To Go」は、何故か『Curits』ライノ盤ボーナス・トラックのインスト・ヴァージョンを収録。
ミーターズ「Chicken Strut」「Chug Chug Chug-A-Lug(Push And Shove)」、アラン・トゥーサン「Goin' Down」、ドクター・ジョン「Right Place,Wrong Time」といったニューオリンズ・ファンクの名品もしっかり収録。ベイエリア・ファンクものは、ワッツ103rdストリート・リズム・バンド「Everyday People(In The Jungle)」、コールド・ブラッドのビル・ウィザーズ「Kissing My Love」カバーに加え、タワー・オブ・パワーの「Oakland Stroke」の別ヴァージョン「Stroke '75」を収録。モホークス「The Champ」、ビギニング・オブ・ジ・エンド「Funky Nassau(Pt.2)」、ベイビー・ヒューイ&ベイビー・シッターズ「Hard Times」、リトル・シスター「Stanga」といった、ファンク、レア・グルーヴの人気曲が脇を固める本盤は、聴き応え満点の正にファンク爆弾。