rockin chair
Rockin' Chair/Gwen McCrae
 Cat '75

ベティ・ライトと並んでマイアミを代表する女性ソウル・シンガー、グウェン・マックレー。
気風がよくグリッティ、掠れ気味に歌い込むソウルフルな歌唱は、非常に魅力的。74年のデビュー盤にシングル・ヒットした「Rockin' Chair」を追加し、曲順を入れ替え翌年再リリースしたのが本作。スティーヴ・アレイモによるプロデュース、リトル・ビーヴァー、ラティモア、ティミー・トーマスらTKの腕利きが挙ってバックアップしたマイアミ・ソウルの名盤。
気持ちよくリズムが揺れるミディアム「Rockin' Chair」は、ベティ・ライト「Clean Up Woman」に並ぶマイアミ・ソウル・クラシック。グルーヴィーなアップ「Move Me Baby」、嫋やかなストリングスをバックに、切なくソウルフルに歌うミディアム・スロウ「He keeps Something Groovy Going On」、ディープなサザン・ソウル・バラードの「Let Them Talk」「For Your Love」、シャウト混じりの掠れ声歌唱がソウルフルでブルージーな「It's Worth The Hurt」、旋回するストリングス、タイトなドラムスが抑制されたファンクネスを滲ませる人気のミドル「90% Of Me Is You」、乾いたリズム・ギターのブルーズン・ソウル「It Keeps On Raining」、可憐な女性らしい唱法を見せるメロウ・ソウル「He Don't Ever Lose His Groove」、やや都会的なアレンジの「Your Love Is Worse Than A Cold Love」など、1枚丸ごと楽しめる。