i love the way you love
I Love The Way You Love/Betty Wright
 Alston '72

マイアミ・ソウルの女王、ベティ・ライトが10代で吹き込んだ代表作。
プロデュースはウィリー・クラーク&クラレンス・リード。カラッとした雰囲気ながらも哀愁漂う、彼の地ならではのソウル・ミュージック。ベティのまだ若々しいヴォーカルが、フレッシュさと甘酸っぱさに、早くも成熟した雰囲気を感じさせる。曲も粒揃いの名盤だが、何と言ってもやはり「Clean Up Woman」。リトル・ビーヴァーの軽快なギターが印象的な、陽気でグルーヴィーなマイアミ・ソウル・クラシック。
他の曲も良曲揃いだが、特にメロディの良さが際立つ。ブルージーで切ないギターが琴線に触れるタイトル曲「I Love The Way You Love」、流麗なストリングスと、曲後半は厚みのあるコーラスで盛り上げるメロウな「I'll Love You Forever Heart And Soul」、モータウン風ポップ・ソウル・バラード「I Found That Guy」、ファンキーなワウ・ギターが泡立つアップ「All Your Kissin' Sho' Don't Make True Lovin'」、ポップに弾む「If You Love Me Like You Say You Love Me」、甘い色香を纏ったヴォーカルの「Pure Love」、ビル・ウィザーズのカバー「Ain't No Sunshine」は、長目の”I Know,I Know…”のフレーズの節回しも聴かせる。「Don't Let It End This Way」「Let's Not Rush Down The Road Of Love」も曲の良さと、ベティの切ない歌唱、それにぴったり寄り添うアレンジが素晴らしい。