musical massage
Musical Massage/Leon Ware
 Gordy '76 

レオンが自身のリーダー作として発表すべく準備していたマテリアルをマーヴィンに譲り、レオンのプロデュースで制作された名盤『I Want You』。その代償としてモータウンがレオンのソロ・アルバムのリリースを許可、『I Want You』とほぼ同時進行で録音されたのが本作『Musical Massage』。
歴史にタラレバは無いが、もし『I Want You』がレオンのアルバムとしてリリースされていたら、あれほどの素晴らしい出来にはなっていなかっただろう。もちろん、曲の良さもあってそれなりの傑作には仕上がっただろうが、やはりマーヴィンの天才的な歌唱と、レオンのやや凡庸な歌では比べるまでもない。結果的に、天才シンガーの稀代の名盤『I Want You』と、新進ソングライターによる傑作『Musical Massage』の2枚の素晴らしいアルバムが残されたわけで、何より、『I Want You』のソングライター/プロデューサーとしてレオンは名を馳せていくのだから、レオンとマーヴィン両者にとって、そして我々ソウル・ファンにとっても、これで良かったのだと思う。
このアルバム、制作の経緯からして『I Want You』とはコインの裏表、双子の関係にあるが、作曲家・プロデューサーはもちろん、ジェイムス・ギャドソン、デイヴィッド・T・ウォーカー、チャック・レイニー、ソニー・バークら演奏陣も共通する部分が多い。そのため、この2枚のアルバムに通底する独特のムードも似通っている。
1曲目の「Learning How To Love You」は、イキそでイカないジワジワと焦らすようなグルーヴ、メロウな中にも抑制されたファンクネスを滲ませるあたり、まんま『I Want You』の世界。レオンのヴォーカルは、感情の迸りを内に抑え込むように、纏わりつくような息苦しさを感じさせ、官能的と言うよりも猥雑という表現がしっくり来る。独特の翳りのあるメロディ、流麗で物憂げなアレンジ、手練れのバッキングによるメロウ・ゴールドなグルーヴが本作の魅惑的なムードを支配している。
ミニー・リパートンが華を添える「Instant Love」は、ここでは感情の高まりを表すようなサビのメロディとストリングス・アレンジが素晴らしい。暑苦しいレオンと澄んだミニーのヴォーカルの対比が絶妙な効果を生んでいる。「Body Heat」はクインシー・ジョーンズの同名アルバムにおいて、レオン自身がヴォーカルを取っていた曲の再演だが、妖しくダークなクインシー版と比べると、こちらのヴァージョンはよりファンキーでグルーヴィーな印象。ミディアム・グルーヴの「Share Your Love」、マーヴィンとボビー・ウォマックをバック・コーラスに従えた何とも豪華な「Holiday」は、2人の助けを借りて『I Want You』ばりのミルフィーユ状のヴォーカルを聴かせる。
沈鬱なムードの「Phantom Lover」は、さざ波のように押し寄せるストリングス・アレンジがやはり素晴らしい。明るいミディアム・ナンバー「Journey Into You」、静寂の中でパーカッションが艶やかに響く、猥雑でネチッこいスロウ「Musical Massage」、翳を纏いながら踊る「French Waltz」はコーラスを添えたインスト、ミニー・リパートン&リチャード・ルドルフのコンビと共作した、しっとり濡れたミディアム「Turn Out The Light」で、余韻を残しながらアルバムは終わる。
ユニヴァーサルからCD化された際には、5曲のボーナス・トラックを追加。いずれも『I Want You』『Musical Massage』の一連のセッションで録音されたアウトテイクで、これはファンには堪らない。『I Want You』のデラックス・エディションに入っていた「I Wanna Be Where You Are」のロング・ヴァージョンは、マーヴィンのヴォーカル部分は即興でフレーズを乗せたような感じだったが、ここで聴けるレオン版の同曲はしっかりとメロディを歌っている。「Come Live With Me Angel」の初期ヴァージョンとなる「Comfort」は、レオンの歌に終始ぴったりとミニーが寄り添い、めくるめく官能の波に飲み込まれる。「Since I Had You」の初期ヴァージョン「Long Time No See」には、あの喘ぎ声は入っていないので安心して聴ける。「Don't You Wanna Come」は「After The Dance」のデモ・ヴァージョンとのことだが、こちらはリズム・ボックス入りで歌詞もメロディも違うので随分印象が異なる。「All The Way Around」のデモ「You Are The Way You Are」は、『I Want You』デラックス・エディションにインスト・ヴァージョンが入っていたが、こちらはレオンの歌入り。これもやはり「All The Way Around」とは随分違う。この2曲は、レオンの楽曲をベースにしながらも、マーヴィンが独自の解釈を加えていき、楽曲自体も大きく変容していったことを窺わせる好サンプルだ。
なお、ユニヴァーサルに先駆けて出た英エクスパンション盤CDにもボーナス・トラック5曲が入っているが、「Comfort」「I Wanna Be Where You Are」以外の3曲が異なるので要注意。「Long Time No See」はユニヴァーサル盤とは別テイクで、おそらくこちらの方が更に初期のヴァージョン。「With You」はレオンらしい翳りとダンディズムを感じさせる佳曲。「Best Of Two Worlds」はピアノをバックにしたバラード。いずれの曲も悪くない出来で、エクスパンション盤も無視できない。