la la la he he hee
La La La,He,He,Hee/Prince
 Warner '87

プリンスが主に80年代に残した、アルバム未収録のシングルB面曲や12インチ・シングルに収められたロング・ヴァージョンは、殿下を追う上で絶対に無視できない傑作揃い。だが、この辺りのレコードを集めようと思うと結構骨が折れる。これらの音源を纏めてコンパイルしたCDをオフィシャルで出してくれたらいいのだけれど、『Purple Rain』30周年記念盤も立ち消えになっている現状では、ワーナーとプリンスが折り合いを付けてそんな夢のような企画が実現するとは到底思えない。『The Hits & The B-Sides』や『Ultimate Collection』で一部の音源はフォローできるが、尺が短かったり、ここに収録されなかった名曲も数多くあるので不満が残るところ。個人的には、12インチ・シングル音源をフル・ヴァージョンで網羅したブートの6枚組CD『12" Archive』というのを持っていて、これがオフィシャル並みの高音質で非常に重宝している。
「La,La,La,He,He,Hee」は、プリンスの最高傑作『Sign Of The Times』からシングル・カットされたタイトル曲のB面。『The Hits & B-Sides』にも収録されているが、短くカットされているので要注意。12インチ・シングルは11分の長尺で、短いヴァージョンではこの曲の真価は計れない。この曲、物凄い傑作ファンクで、これがアルバムに収録されなかったというのは何ともモッタイない。終始犬の鳴き真似のような音が入っていたりとユーモラスな曲なので、アルバムの雰囲気に合わないと判断されたのだろうか。タイトなビートを打ち込むドラム、要所を引き締めるファンキーなギター・カッティング、この時代のプリンス・サウンドを特長づけるあのホーン・アレンジ。『Sign Of The Times』と『Lovesexy』を橋渡しし、Pファンクをも飲み込んだかのような、狂騒、驚愕の超絶へヴィー・ファンク。