harlem river drive
Harlem River Drive
 Roulette '71 

エディ・パルミエリ主導によるニューヨーク・ラテン名盤にしてレア・グルーヴ定番アルバム。
ラテンとファンク、ジャズのハイブリッドを試みた企画モノと言ってもいいアルバムだが、エディのバンドに加え、バーナード・パーディー、コーネル・デュプリー、ジェリー・ジェモットといったキングピンズの面々が参加しており、ドス黒く猥雑、熱く煮えたぎるラテン・ファンクの傑作に仕上がっている。
「Harlem River Drive(Theme Song)」は、ティンバレスとコンガが土臭くもエキゾチックな風情を醸すラテン・ジャズ・ファンク。「If(We Had Peace Today)」はデュプリー、ジェモット参加のニュー・ソウル調。「Idle Hands」はパーディー、デュプリー、ジェモット揃い踏みのカッコいいラテン・ファンク。クールでヒリヒリと熱いグルーヴが蠢く、本作のハイライトとなる曲。「Broken Home」は怪しげなムードのスピリチュアル・ラテン・ジャズ。「Seeds Of Life」はパーディー、デュプリーに加えランディ・ブレッカーが参加。打楽器打ちまくりの熱いラテン・ファンク・グルーヴ。