live at pjs
Live At P.J.'s/Kool & The Gang
 De-Lite '71 

クール&ザ・ギャングの3rdアルバムにして2枚目のライヴ盤。
前作『Live At The Sex Machine』は、若さと勢いに任せた、粗削りでヤクザなストリート・ファンクだったが、本作はやや落ち着いた雰囲気で、ジャズ/ジャズ・ファンク色が強く、しっかりと演奏を聴かせることに重点が置かれているかのよう。後のパーティー・ファンク感はまだなく、路地裏の饐えた匂いが漂ってくる辺り好感が持てる。録音もいいので、音質も荒っぽかった『Live At The Sex Machine』よりも聴きやすい。
「N.T.」はクールにウネるジャズ・ファンク・クラシック。地を這うベース・ライン、サンプリングされまくったホーン・セクションも最高にカッコいい。「Ricksonata」もホーン・アレンジが素晴らしいジャジー・グルーヴ。「Sombrero Sam」は小粋なラテン・ジャズ・グルーヴで、こういう曲も上手い。「Ronnie's Groove」は走るベース・ラインとカッティングがスリリングなファンク・チューン。「Ike's Mood/You've Lost That Lovin' Feelin'」もホーン・セクションを聴かせるための曲。ストリングスも入ってムードたっぷりに盛り上げる。「Lucky For Me」はフルートの囀りとパーカッションが効いたジャジーなミディアム。「Dujii」は本作中では「N.T.」と並ぶ人気曲。グルーヴィーなジャズ・ファンク、ホーン・セクションもばっちりキマっている。ボーナス・トラックの「The Penguin」はスタジオ録音のシングル曲。野性味溢れるファンク・ナンバーでこれも流石のカッコよさ。