mirror
Mirror/Graham Central Station
 Warner '76 

GCSの4thアルバム。
最初の3作は、ラリー・グラハムのグルーヴ・マスターっぷりが炸裂した鬼のへヴィー・ファンクと、個人的にはビミョーなポップ・バラードやゴスペル調が混在しつつも、アルバムとしてはいずれも傑作と言ってよかったが、本作はアルバム全体がポップに薄まり、へヴィーなファンク・サウンドは大きく減退。正直なところ、あまり聴かないアルバムだが、何曲かあるファンクはやはり聴く価値はある。
マーチング・バンドのオープニングで始まる1曲目「Entrow」は、毎度お約束のメンバー紹介曲で、各々がリードを取り見せ場をつくる。「Love(Covers A Multitude Of Sin)」はポップなミディアム・バラード。途中サム・クック調の節回しも交え朗々と歌うラリー。タイトル曲「Mirror」はやや軽めのファンク。「Do Yah」はタワー・オブ・パワーのホーン・セクションが参加のへヴィー・ファンク。フィリーというか、ディスコを意識したような「Save Me」や、レゲエもやってみました的な「I Got A Reason」は、やっぱりつまらない。「Entrow」「Do Yah」の2曲だけ聴いていれば十分かも。