erotic city
Erotic City(Make Love Not War Erotic City Come Alive)/Prince & The Revolution
 Warner '84 

「Let's Go Crazy」のB面曲で、約7分半のファンク・チューン。『The Hits/The B Sides』にも収録されているが、そちらは残念ながら短くエディットされている。
絶頂期のプリンスだけあって、この曲も間違いのない出来。『Purple Rain』が当初の構想どおり2枚組でリリースされていれば、間違いなくその中に入っていただろう。エレクトロな質感の淡々としたミドル・テンポ、後のカミールのヒントになったと思われる加工されたヴォーカル、「The Ballad Of Drothy Parker」へと繋がるスライ風のくぐもったキーボード音、同時にPファンクからの影響も感じ取れるナスティな傑作ファンク。