jealousy
Jealousy/Tony Allen Hits With The Africa 70
 Soundworkshop '75 

トニー・アレンの初リーダー作。
親分フェラ・クティのプロデュース、演奏はアフリカ70が全面的にバックアップ。フェラの作品のような緊張感は希薄だが、ユルいグルーヴを延々と垂れ流しつつ、トニーのステディなドラムが要所をピシッと引き締めるアフロ・ビートの逸品。個人的にはトニー・アレンの作品のなかでは一番好きなアルバム。何ともイナタいジャケット・デザインもイカす。
親分に倣い、収録は全2曲。ゆったりした大陸的なグルーヴに腰が揺れる「Jealousy」、やや性急なリズムを刻むバスドラと、シャープに突き刺すスネアのコンビネーションが見事な「Hustler」、どちらも御大フェラの曲と比べて何ら遜色ないアフロ・ビート・クラシック。