spirit man
Spirit Man/Weldon Irvine
 RCA '75 

ウェルドン・アーヴィンの通算5枚目のアルバム『Spirit Man』。
自主レーベルNodlewからリリースした初期の作品は知的でスピリチュアルな好盤だったが、RCAに移籍後の『Cosmic Vortex』と本作『Spirit Man』は、アースやPファンクなど同時代のファンク・バンド同様の宇宙志向が全開となったジャズ・ファンク/レア・グルーヴ傑作。黒さ漲るシンセ使いや、センス溢れるヒップなグルーヴ感は極めて現代的に響いてくる。後のヒップホップやクラブ・ミュージックへの影響の大きさも、この音を聴けば納得。
コズミック・ジャズ・ファンクの大クラシック「We Gettin' Down」をはじめ、ブギーなジャズ・ファンク・チューン「Pogo Stick」、火を噴く高速ジャズ・ファンク「Blast Off」、プリミティヴにウネるコズミック・アフロ・ジャズ・ファンク「Jungle Juice」など、ジャズ・ファンク曲は目も眩むようなキラーな出来栄え。静謐でロマンティックな「Yasmin」、グルーヴィーなブラック・ジャズ「The Power And The Glory」もいい。