its rough out here
It's Rough Out Here / The Modulations
 Buddah '75 

ワシントンDC出身の4人組ヴォーカル・グループ、モデュレイションズ。同じDC出身のトゥルー・リフレクションズのフィリー録音盤『Where I'm Coming From』への曲提供などでも知られるが、彼ら自身もフィリーに赴き、MFSBの鉄壁のバッキングのもと吹き込んだ本作『It's Rough Out Here』は、ゴズペル丸出しの熱く黒いヴォーカルに身を焦がす傑作。
アルバム冒頭の「Rough Out Here」「Head On Collision With Heartbreak」とファンキーなグルーヴ・ナンバー連発で昇天。ミディアム・テンポのフィリー・ダンサー「Love At Last」、ファルセット・リードのイナタいスロウ「I'll Always Love You」、温もりのあるミディアム・ソウル「I'm Hopelessly In Love」、極上のフィリー・ダンサー「I Can't Fight Your Love」、微睡みのメロウ・スロウ「Worth Your Weight In Gold」、スウィートなバラード「Those Were The Best Days Of My Life」、何故かインストだが曲自体は美しい「Share What You Got,Keep What You Need」まで、これは70年代フィリー・ソウル盤のなかでも最上位に位置する1枚。ゲットー感滲むジャケットもカッコいい。