percussion explosion
Percussion Explosion! / Herman Kelly & Life
 Electric Cat '78 

マイアミで活動していたパーカッショニスト、ハーマン・ケリーの唯一のアルバム『Percussion Explosion!』。サンプリング・ネタとしてあまりにも有名なファンク/レア・グルーヴ盤だが、アルバム全体としてはややディスコ寄りのダンサブルなファンク・アルバムといったところで、甘く流れがちな曲調を主役のエッジの効いたパーカッションがピリッと引き締めている好盤。地元マイアミの他、ブラジルでもレコーディングされていて、アルバム全編を覆うラテン・テイストも美味。
やはり目玉は何と言っても「Dance To The Drummer's Beat」。強力なパーカッション・ブレイクも最高なグルーヴィーなディスコ・ファンク・チューン。「Time After Time」もディスコティークなファンキー・ナンバー。トロピカルなファンキー・ラテン「A Refreshing Love」、疾走するドラム・ビートとベース・ライン、土臭いパーカッションがグリッティに刻むパーティー・ファンク「Who's The Funky DJ?」、ダンサブル・メロウなディスコ・ソウル「Share Your Love」、強力ドラム・ブレイクと陽気なホイッスルが快調なマイアミ・ファンク「Do The Handbone」と、全曲通して楽しめる。