big bad bo
Big Bad Bo / Bo Diddley
 Chess '74 

ロックンロールのオリジネイターの一人としてあまりにも偉大なボ・ディドリー。
ボ・ディドリー・ビートなるものを発明し、音楽史に大きな足跡を残した偉人だが、70年代前半には他の多くのミュージシャン同様、ファンクに傾倒した作品を数枚リリース。本作『Big Bad Bo』はレア・グルーヴ方面でも人気のファンク・ブルース傑作。
分厚いホーン・セクションが煽るファンク・チューン「Bite You」、ゆったりとしたブルーズ・ファンク「He's Got All The Whiskey」、ドラムスがカッコいいニューオリンズ風ファンク「Hit Or Miss」、グルーヴィーなミディアム「You've Got A Lot Of Nerve」、ゴツゴツしたグルーヴが迫るミッド・ファンク「Stop The Pusher」、泥臭いブルーズ・ナンバーの「Evelee」、余裕たっぷりにファンクする「I've Been Workin'」と、60年代以前のボ・ディドリー・ファンやブルース・ファンからは酷評されてそうだが、ファンク好きにはバッチリとハマる1枚。