livin large
Livin' Large / EU
 Virgin '89 

80年代のGo-Goブーム時に、トラブル・ファンクと共にオーバー・グラウンドに浮上してきたバンド、EU。
その一時のブームもすっかり冷めた89年にリリースされた本作『Livin' Large』は、Go-Goに軸足を置きながらも、R&Bやニュー・ジャック、ヒップホップをも貪欲に取り込まんとした意欲作。トラブル・ファンクが『Trouble Over Here,Trouble Over There』で陥った穴を慎重に回避し、90年代を見据えたポップでファンキーなGo-Goサウンドを提示することに成功していると思う(が、翌年の悪名高い『Cold Kickin' It』でトラブル・ファンクと同じ轍を踏むことに)。
パーカッションがチャカポコとウネり、ゆったりとグルーヴする「Buck Wild」「Livin' Large」は、軽量級ではあるが小気味いいGo-Goでなかなかのモノ。ソルトン・ぺパとの共演曲「Shake Your Thang」はアイズレー・ブラザーズ「It's Your Thing」を引用したファンク・ラップ。トライバルなビートのGo-Go「Shaka Zulu」、キャメオ風ファンク「Shake It Like A White Girl」、「Da Butt '89」もファンキーなGo-Go。美麗なアーバン・スロウ・ジャム「Taste Of Your Love」、スィートなバラード「Don't Turn Around」も美味。