mecca and the soul brother
Mecca And The Soul Brother / Pete Rock & C.L. Smooth
 Elektra '92 

EP『All Souled Out』に続きリリースされた、ピート・ロック&C.L.スムースの1stフルアルバム『Mecca And The Soul Brother』。
黒くウネるビート、スモーキーなホーン、メロウなウワもの、ジャズやソウル、ファンクのサンプリングが丁寧に練り込まれたグルーヴィーなトラックは、ヒップホップ・リスナーはもとより、ファンク/ソウル耳にも豊穣に響いてくる。より洗練を極めた2nd『The Main Ingredient』に比べると、まだザラついた感触が残っているが、そこもまた本作のアドヴァンテージとなる部分。随所に挿入されるインタールドに至るまで隙のない完成度を誇る、2nd共々色褪せない名盤。
アルバム冒頭から「Return Of The Mecca」「For Pete's Sake」「Ghettos Of Yhe Mind」と、地を這うような重いベースが堪らなくファンキーでソウルフルなクラシック連発。メロウに蕩ける「Lots Of Lovin」、ピートがラップするファンク・トラック「Soul Brother #1」、霧に咽ぶようなホーン・サンプルが渋い「They Reminisce Over You(T.R.O.Y.)」、ヒップなトラックにC.L.のラップが踊る「On And On」、ヘヴィーDや舎弟グループのINIらとマイク・リレーするミドル「The Basement」、グランド・プーバ客演のファンキーな「Skinz」など、黒光りするグルーヴに貫かれたカッコいい曲だらけ。