soul makossa
Soul Makossa / The Lafayette Afro Rock Bnad
 Musidisc '73 

アメリカからフランスに渡り、ボビー・ボイド・コングレス~アイスと名前を変え活動してきたアフロ・ファンク・バンドが、ラファイエット・アフロ・ロック・バンド名義でリリースした1st『Soul Makossa』。
土着的なパーカッション、大地に轟くようなホーン・セクション、重いグルーヴを繰り出すリズム・セクションが一体となったアフロ・ジャズ・ファンク・サウンドが堪らない傑作。
へヴィーにウネるアフロ・ファンク定番ナンバー「Soul Makossa」のカバー、ドラムスとベース、パーカッションのアーシーなグルーヴに分厚いホーンズとクールでサイケなギターが絡むジャズ・ファンク「Azeta」、ザラついたファズ・ギターを従えてホーンが吹き荒れるアフロ・ファンク「Oclenon」、強力ドラム・ブレイクから重く引きずるベース・ラインに絡みつくワウ・ギターが最高にグルーヴィーなアフロ・ジャズ・ファンク・クラシック「Hihache」、パーカッシヴな陽性アフロ・グルーヴの「Voodounon」、大陸的なホーン・フレーズとクールなエレピ、土着的なパーカッションがウネる「Nicky」と、全曲が傑出したアフロ・ファンク/レア・グルーヴ。
再発CDには未発表のボーナス・トラックを2曲追加収録。「M.F.Crayson」「Right Foot」ともに疾走感のあるアフロ・ジャズ・ファンクでカッコいい。