black knight
Black Knight / James Knight & The Butlers
 Cat '71 

マイアミのギタリスト、ジェイムス・ナイト率いるバンドの唯一のアルバム『Black Knight』。
ジミ・ヘンドリクスやスライから大いに影響を受けたと思しきそのサウンドは、ささくれた粗削りなギターが主導するファンク/レア・グルーヴで、ロックな臭いもプンプン。ファンカデリックのような陰湿さは感じられないが、その辺りはマイアミという土地柄ゆえか。
ファンキーで乾いたグルーヴの「Funky Cat」、荒々しいギターが唸るブラック・ロック的な「Uncle Joe」、厚みのあるグルーヴィーなサウンドの「Flyin' High」、哀愁ソウルの「Cotton Candy」、強力なサイケデリック・ファンク・グルーヴの「Fantasy World」、ファンキーに駆け抜ける「I Love You」、アレサ・フランクリンのイカしたファンク・カバー「Save Me」、イナタいメロウ・ソウル「Just My Love For You」と、饐えた臭いが漂ってくるようなロウなファンク・サウンドはなかなか刺激が強い。
再発CDにはボーナス・トラックとしてシングル・オンリーの2曲を収録。「Baby Please Pretty Please」はオーソドックスなソウル・ナンバー、「Space Guitar」はサイケなギターがウネるファンク・ロック。