runaway slave
Runaway Slave / Showbiz & A.G.
 Payday '92 

ショウビズ&AGの1stフル・アルバム『Runaway Slave』。
ショウビズによるザラついた埃っぽいビートは、へヴィーなファンクネスを潜ませたドラムの音がやたらカッコよく、スモーキーなホーンのサンプリングも特長。そこに甲高い声のAGともっさりしたショウビズのラップが乗ると、最高過ぎるジャケットそのまんまのストリートの雰囲気が臭ってくる。先行EP『Soul Clap/Party Groove』からの数曲も含む本作は、ファンキーでアッパーなパーティー・チューンから、渋いグルーヴの曲まで揃い、90年代前半のヒップホップ黄金期を代表する傑作のひとつ。
ジープなビートにド渋かつファンキーなホーン・ループが乗る「Still Diggin'」、これもホーン・サンプルが印象的な「Fat Pockets」、ファンキーなベース・ラインがイカすパーティー・チューン「Bounce Ta This」、呪術的なホーン・ループからスモーキーな雰囲気に包まれる「More Than One Way Out Of The Ghetto」、渋いジャジー・トラックの「40 Acres And My Props」、激タイトなビートのハードコアな「Runaway Slave」、地味だがジワジワくる激渋トラック「Hard To Kill」「Hold Ya Head」、太過ぎるドラムとドロドロのベースがヤバい「He Say,She Say」、ビッグLとロード・フィネスをフィーチャーしたポッセ・カット「Represent」、マッシヴなビートがファンクな「Silence Of The Lambs」はアッパーなリミックスもあわせて収録。
先行EPからは、ベース・ラインがカッコいいパーティー・トラック「Party Groove(Bass Mix)」とジャズ・ファンクなホーンとドラムが最高な「Party Groove(Instrumental)」、JB's「More Peas」のトグロ巻くベース・ラインが超グルーヴィーな「Soul Clap(Short Version)」、渋いミドル「Catchin' Wreck」の4曲が入っている。