visions of paradise
Visions Of Paradise / Benny Johnson
 Today '73 

詳細不明のソウル・シンガー、ベニー・ジョンソンがニューヨークのレーベル、トゥデイからリリースした唯一のアルバム『Visions Of Paradise』。
モダンで都会的な70年代ディープ・ソウルの傑作で、黒い体臭を纏ったベニーのソウルフルなヴォーカルは、粘り気と湿度が丁度いい塩梅。サウンドは洗練されているが、60年代ディープ/サザンの心意気や、程よいスウィートさもあって、ソウル・ファンの琴線に触れることは間違いない。
伸びやかなミディアム・ナンバーのタイトル曲「Visions Of Paradise」がやはり素晴らしいが、他にも、軽やかにグルーヴするミドル「Baby I Love You」、ポップに弾む「Stop Me」、絶妙なリズム、テンポで揺れるグレイト・ミディアム「Second To None」、調子っぱずれのホーン・アレンジがユニークな明るい曲調の「I Just Got To Know」など、特にミディアム・ナンバーの良曲多し。ファンキーなアップ「It's Your Baby」、ブルージーなサザン・ソウル「Absolutely,Positively,Baby」もイイ。スロウは「Give It Up」「Won't You Stay」「Please Come Back」と、いずれもディープな歌い口が素晴らしい。