gordon henderson
Gordon Henderson & U Convention
 Apia '81 

ドミニカ出身でフランスに渡ったシンガー、ゴードン・ヘンダーソンの1stアルバム。
ユルいB級ファンク/ソウル・サウンドと、カリビアンなトロピカル・ムードが綯い交ぜになったような、何ともリラックスした雰囲気の作品。Discogsによると本作は81年のリリースのようだが、レイト70'sのムードが漂うサウンドはなかなかの心地よさ。オリジナルはチープな宇宙ジャケットだが、こちらはクレオール・ストリーム・ミュージックの再発盤ジャケット。
オープニングの「The Highest Bidder」は、イナタくユルいグルーヴとアーバンなムードが混ざり合ったようなブギーなミドル・ナンバー。早いテンポで駆け抜けるファンキー・ダンサー「Hard World」、トロピカルムードのメロウ・グルーヴ「Frenzy」、オルガンの音色がイナタく響くバラード「Blame It On Life」、タイトルどおりアイランド感横溢の「Island Boogie」、カリビアンな雰囲気の「Samba Creole」、レゲエ調のリズムを刻む「Perspective」、ホーン・セクションが熱く滾るラテン・ファンク「Paranoia」、トロピカルなインスト「Foxy Pat」と、和める一枚。
更に、ボーナス・トラックとして収録された「More Power」は、よりアーバンな雰囲気のアーリー80'sなミディアム・ブギーR&Bで、これもイイ感じ。