sweet exorcist
Sweet Exorcist / Curtis Mayfield
 Curtom '74 

『Superfly』『Back To The World』など傑作を連発した70年代前半のカーティスにおいて、74年リリースの2枚『Sweet Exorcist』『Got To Find A Way』は一際地味な存在。特に本作『Sweet Exorcist』は、このジャケットのせいもあって、あまり顧みられることのない作品。ソロ初期の作品を特徴づける分厚いオーケストレーションや壮大でスリリングなストリングスが奥に引っ込み、小編成のバンドによる緊密なアンサンブルを前面に出したサウンドは、『Back To The World』から『There's No Place Like America Today』へと至る道程で生み出された隠れた傑作。
アルバムのオープンングを飾る「Ain't Got Time」はクールにリズムを刻むミッド・ファンクで、派手さはないがジワジワと効いてくる好曲。タイトル曲「Sweet Exorcist」は、ガラス細工のような繊細なアレンジと、カーティスの震えるファルセットが独特の緊張感を醸す名スロウ。続いてもスロウの「To Be Invisible」、テンダーな語り口と美しいアレンジにウットリさせられる。ポジティヴなメッセージで人々を鼓舞する「Power To The People」は、タイトルの印象に反してポップで耳馴染みのよい佳曲。
意外過ぎるタイトルの「Kung Fu」は、ミッド・グルーヴにワウ・ギターが絡みつき、呪術的なオルガンが怪しげなファンク・チューン。ダニー・ハサウェイと共作したスロウ「Suffer」も切ない哀愁が滲む名曲。このアルバムはスロウ系が充実している。ラストの「Make Me Believe In You」はタイトな演奏が素晴らしいファンク・ナンバー。