chicken lickin
Chicken Lickin' / Funk Inc.
 Prestige '72 

オルガン奏者、ボビー・ワトリーを中心に結成された5人組ジャズ・ファンク・グループ、ファンク・インクの2ndアルバム『Chicken Lickin'』。
このバンドのアルバムはどれを聴いても似たような感じではあるけれど、最初の2枚は聴いておいて損はないかも。個人的にも最初の2枚ばかり聴いてるのだが、この手の煙たくアシッドなオルガン・ジャズ・ファンク/レア・グルーヴが好きなら、十分に楽しめる。
スモーキーでグルーヴィーなオルガン・ジャズ・ファンク「Chicken Lickin'」、パーカッシヴなグルーヴが気持ちいいスライのカバー「Running Away」、煽情的なギターが目立つへヴィー・バラード「They Trying To Get Me」、メイシオ&オール・ザ・キングス・メン「The Better Half」のカバーは、黒汁滴るジャズ・ファンク/レア・グルーヴ・ナンバー。アルバム中で一番人気と思われる「Let's Make Peace And Stop The War」は、コンガが刻むリズムが心地よい、「What's Going On」な空気に満たされるニュー・ソウル・メロウなジャジー・グルーヴ。「Jung Bongo」は路地裏を闊歩するグルーヴィーなシャッフル。