behold the mighty army
Behold The Mighty Army / New Birth
 Warner Bros. '77 

大型ファンク・バンド、ニュー・バースは結構な枚数のアルバムを残しているが、なかでも代表作と目されるのが本作『Behold The Mighty Army』。
手堅いバンド・サウンドで繰り出すファンク・チューンと、ファンク・バンドのリード・ヴォーカルとしては屈指の実力を誇るレズリー・ウィルソンがソウルフルに訴えるバラードが、アルバム内にバランス良く収まった充実作。特に、前作まではバラードに比べやや弱かったファンク方面が本作ではかなり強化され、変わらず高品質を維持するバラード群と拮抗しているのが本作を傑作たらしめているポイント。
アルバムは気合いの入った力作ファンク「The Mighty Army」からスタートし、レズリーが掠れ気味に喉を絞る泣きのバラード「Your Love Is」へと続く展開で一気に引き込まれる。「Deeper」「Up Against The Wall」といった、ややヘヴィーでダーティーなファンク・チューンが充実。グルーヴィーなミディアム「Your Love Is In My Veins」、ややラテン調のファンク「Ain't It Something」、パーカッシヴなミッド・ファンク「Squeezing Too Much Living」あたりもなかなかイイ。スロウは「Your Love Is」の他にもう1曲「How Will I Live」という、これまたソウルフルな名曲あり。