inner feelings
Inner Feelings / Roy Porter Sound Machine
 Bel-Ad '75 

ジャズ・ファンク/レア・グルーヴ名盤として名高い、ジャズ・ドラマーのロイ・ポーターの2ndアルバム『Inner Feelings』。
主役のファットバック・ドラムが叩きだす極太グルーヴの上に、7管揃えた分厚いホーン・セクションがバリバリ吹き荒れ、土臭いラテン・パーカッションや、クールでメロウな肌触りのエレピが絡まる、これは相当カッコいいジャズ・ファンク・アルバム。
いきなりの強力ドラム・ブレイクKO必至のマッシヴなジャズ・ファンク・チューン「Party Time」、粋なソウル・ジャズ・ナンバー「Love You」、漆黒のグルーヴィー・ジャズ・ファンク「Panama」、哀愁滲む1stアルバムのタイトル曲「Jessica」のヴォーカル入りヴァージョン、ファンキーなラテン・ジャズ・グルーヴ「Waver-Ing」、グルーヴィーなソウル・ジャズ「Funky Feelin'」、イナタいミディアム・ジャズ・ファンク「Out On The Town Tonight」、ラストのスウィンギーな「Givin' Me The Blues」まで、全曲聴きモノ。