mplsound
Mplsound / Prince
 NPG '09 

『Lotusflow3r』『Elixer』とともに3枚セットでリリースされた『Mplsound』。
ギターを中心に据えた『Lotusflow3r』、女性シンガーを前面に立て裏方に回った『Elixer』に対し、本作はMPLSOUND=ミネアポリス・サウンドのタイトルどおり、80年代のプリンスのシグネチャー・サウンドの再現がテーマ。ホーンを排し、打ち込み主体のリズム・トラックによるエレクトロなサウンドの上でギターが喘ぐ。80年代のような妖しげで危険な匂いは希薄になっているが、その分、音楽的な成熟を感じさせる快作。
オープニングの「(There'll Never B)Another Like Me」は、まさに紛うことなきミネアポリス・サウンド。曲後半の展開もアイディア豊富で飽きさせない。Qティップ客演の「Chocolate Box」は何ともナスティーな臭いのする『1999』の頃のミネアポリス・ファンク。「Dance 4 Me」はザップ「I Can Make You Dance」をモチーフとしたミッド・ファンク。ひょっとするとプリンスなりのロジャーへのオマージュだったのかも。そもそも「I Can Make You Dance」はキャメオ「I Just Want To Be」を下敷きにしているわけで、ここにプリンス/ザップ/キャメオという80年代ファンク三巨頭の時を超えた連関が。
キュートなバラードの「U're Gonna C Me」や、メロウなミディアム・スロウ「Here」、美しいファルセットで歌われる静謐なスロウの「Better With Time」では、プリンスのスウィートなソウル・マナーを発揮。「Ol' Skool Company」はカミール風のヴォーカルの変態ファンクで最高。ラストの「No More Candy 4 U」は一際チープな印象で、「Party Up」や「Jack U Off」を彷彿とさせるロックンロール。