direct me
Direct Me / Clydie King
 Lizard '71 

元レイレッツのメンバーで、ローリング・ストーンズをはじめ主にロック畑のバック・コーラス・シンガーとして数多くのセッションで歌ってきたクライディ・キングの1stソロ・アルバム『Direct Me』。
彼女のキャリアが物語るとおり、本作はロック/ポップ色の強い曲もあり、ストレートなソウル・アルバムとは言い難い部分はあるが、ビリー・プレストン、ポール・ハンフリー、デイヴィッド・T・ウォーカーら名手達によるアーシーでグルーヴィーなサウンドは、しっかりと大地に根を張った黒いソウルを体現している。
グルーヴィーでファンキーなアップ・ナンバー「Direct Me」、ファンキーで土臭いスワンプ・ソウル「Ain't My Stuff Good Enough?」、ポピュラー調のバラード「First Time, Last Time」、快活なファンキー・ソウルの「Never Like This Before」、臭みのあるソウル・バラード「You Can't Go On Without Love」、ノリのいいジャンプ・ナンバー「'Bout Love」、グルーヴィーなミディアム・ソウル「There's Long Road Ahead」、ファンキーに疾走する「You Need Love Like I Do」など、ソウル・ナンバーは十分に楽しめる。
一方、「First Time, Last Time」や「B.Minor」といったポピュラー調バラードは、ソウル耳にはやはり物足りない。「The Long And Winding Road」 のカバーも然り。