long stroke
Long Stroke / ADC Band
 Cotillion '78 

スタックスのブラック・ナスティーを前身とするファンク・バンド、ADCバンドの1stアルバム『Long Stroke』。
プロデュースはデトロイトの大物女性プロデューサー、ジョニー・メイ・マシューズで、バンド・メンバーにはマシューズの子供たちも名を連ねている。
このバンドならではといった特長に欠けるバンドだが、本作はなかなかのクオリティで侮れない。Pファンクからの影響を感じさせるへヴィーでダンサブルなファンク・グルーヴ、分厚いホーン・セクションも搭載したサウンドは、70年代ファンク好きであれば十分に楽しめる。
ズッシリとした重量感のPファンク調スロー・ファンク「Long Stroke」、クラヴィネットが走るダンサブルなファンク・チューン「Fire Up」、ゴツゴツとした手触りのミドル・ナンバー「Cause I Love You」、グルーヴィーなダンス・ファンク・チューン「More & More Disco」、「Reggae Disco」はタイトルから連想されるとおり、レゲエ風のリズムを絡めたディスコ・ファンク・ナンバー。
グリッティなノリでグルーヴするファンク「Baby Love」、メロウさとハードなファンクネスが交錯する「Just Another Song」、タイトなファンク・ビートを繰り出す「That's Life」と、アルバム全曲ファンクで攻める。