whos foolin who
Who's Foolin' Who / One Way
 MCA '82 

アル・ハドソン率いるヴォーカル&インストゥルメンタル・バンド、ワン・ウェイの代表作『Who's Foolin' Who』。
ファンク・アルバムとしては前作『Fancy Dancer』の方に分があるが、歌心溢れるソウル・ナンバーが充実した本作の方が総合力では上か。セクシーなジャケットも含め、80年代ファンク/ソウルの輝かしい時代の最後期の傑作。
前作収録の「Pull Fancy Dancer / Pull」の路線を更に突き詰めた、ザップを思わせる粘着質のロービートが離着陸を繰り返すミッド・ファンク「Cutie Pie」が何と言っても最高。ファンク・チューンは他に、クールなファンク・ダンサーの「Give Me One More Chance」のみの少数精鋭だが、それでも十分に満足感が得られるほど、「Cutie Pie」のインパクトは強い。アップ・ナンバーでは、爽快モダン・ダンサーの「Sweet Lady」もイイ。 
それ以外の曲はミディアム/スロウのソウル・ナンバーが並ぶ。哀愁漂うスロウ「You」、メロディアスなバラード「You're So Very Special」「Age Ain't Nothing But A Number」、ソウル・ミュージックの旨味溢れるミディアム「Who's Foolin' Who」、濡れたスロウの「Runnin' Away」と粒揃い。