ugly ego
Ugly Ego / Cameo
 Chocolate City '78 

デビュー作『Cardiac Arrest』、2nd『We All Know Who We Are』と、Pファンクとアース・ウィンド&ファイアからの影響色濃い秀作を立て続けにリリースしたキャメオ。この3rdアルバム『Ugly Ego』も概ね同路線だが、多くの部分をPファンクとアースに拠りながらも、キャメオ独自のファンク・サウンドの萌芽も随所に滲み出ており、来るべき80年代に向けて策士ラリー・ブラックモンが着実にバンドをネクスト・ステージに引き上げつつあることが分かる。
プンと臭うネットリ猥雑なファンク・チューン「I'll Be With You」、ムズムズと蠢くグルーヴのファンク「Insane」、ギターが唸るハードなファンク・ロック「I Want You」、アースっぽいサウンドにPファンク的な下世話さを持ち込んだようなパーティー・ファンク「Ugly Ego」、変幻自在のヴォーカル・ワーク、タイトでキレのいいリズム・セクション、鋭角的なホーン・アレンジなど、キャメオ・サウンドの構成要素がほぼ出揃ったようなファンク・ナンバー「Anything You Wanna Do」など、個性的なファンク曲が居並ぶ。
お楽しみのスロウは2曲、「Give Love A Chance」「Friend To Me」といずれもチョコレート色のコーラスが蕩けるスウィート・ソウルで間違いのない出来。さらに「Two Of Us」は「We're Going Out Tonight」あたりにも通じていくようなメロウ・ミディアム。