foxy brown
Foxy Brown / Willie Hutch
 Motown '74 

ウィリー・ハッチ制作、パム・グリア主演のプラックスプロイテーション・ムービー『Foxy Brown』のサウンド・トラック。
サム・クック直系のソウル・シンガーとして名盤『Soul Portrait』を残した後、プロデューサー・チーム、コーポレーションの一員として、ジャクソン5の数々のヒット曲を手がてたハッチが、アイザック・ヘイズやカーティス・メイフィールドに続きサントラ仕事へ進出。本作は『The Mack』に続いて手がけたサントラ2作目。
サントラ然としたスリリングなオープニング・ナンバー「Chase」 から、ハッチのハード・ボイルドなヴォーカルがカッコいい「Theme Of Foxy Brown」、まったりムードの「Overture Of Foxy Brown」へと至る流れが素晴らしい。ユルいカッティングがファンキーなミディアム「Give Me Some Of Tha Good Old Love」、緊張感漲るストリングス・アレンジが冴えるカーティス調のオーケストラル・ソウル「Out There」、リズム・ボックス使いのグニャグニャとウネるファンキー・ナンバー「Foxy Lady」、グルーヴィーなファンクの「You Sure Know How To Love Your Man」、土臭いドラムが心地いいミディアム・ナンバー「Have You Ever Asked Yourself Why(All About Money Game)」、ジョニー・ブリストルを思わせるグルーヴィー・メロウ「Ain't That(Mellow,Mellow)」、ラストのファンキーなジャンプ・ナンバー「Whatever You Do(Do It Good)」まで、『Superfly』程とはいかないまでも、なかなかの傑作。