pain
Pain / Ohio Players
 Westbound '72 

オハイオ・プレイヤーズのウェストバウンドからの1枚目のアルバム『Pain』。
ここからウォルター"ジュニー"モリソンがメンバー入り。ジュニーの加入は、オハイオ・プレイヤーズの音楽性をガラリと変えてしまうほどのインパクトで、ジュニーはいきなりバンドのイニシアチヴを握り、バンドのサウンドを自分の個性で染め上げた。『Pleasure』『Ecstasy』同様に、猥雑でギトギトに粘りつくグルーヴ、独創的で捻くれたアレンジメントなど、ジュニーの才能は本作で早くも開花。
また、ウェストバウンド期に共通する、スキンヘッドのSM嬢というアートワークも本作から。見開きジャケットの強烈さは正視に堪えないが、ビジュアルで敬遠してしまうのは勿体ない傑作だ。

アルバム・タイトル曲「Pain」はブルージーな臭みのあるファンクで、ネチッこいリズムを軸にアイディア豊富に展開していくジュニーらしい1曲。「Never Had A Dream」は劇的に展開するバラードで、これも一筋縄では行かないジュニーの個性が強烈。「Players Balling(Players Doin' Their Own Thing)」はルーズに粘りつきながらグルーヴするミッド・ファンクで、これは相当に捻じくれながらエゲツない悪臭を放っていて最高。
「I Wanna Hear From You」は比較的ポップなグルーヴィー・ソウルで、結構爽快な味わい。「The Reds」はブルーズ・ナンバーで、シュガーフットのヴォーカルとギターはまだ個性確立前だが、このバンドのルーツがどこにあるのかを教えてくれる。ラストの「Singing In The Morning」も「Pain」と似たタイプのファンクで、凝った展開で飽きさせない。
英エイスからの再発盤CDは、ウェストバウンドが74年に勝手にリリースした『Climax』収録曲や未発表曲など7曲をボーナス・トラックとして収録。人気のマーヴィン・ゲイ・カバー「What's Going On?」も入っている。