cold blooded
Cold Blooded / The Bar-Kays
 Volt '74 

蛇が苦手な人であれば正視に耐えられないような、ドギツいジャケットが強烈なインパクトを残すバーケーズのヴォルト在籍時最後のアルバム『Cold Blooded』。
スタックス/ヴォルト時代のバーケイズは、ゴツゴツした感触の土臭いファンク/ブラック・ロック路線で、スライ&ザ・ファミリー・ストーンからの影響を感じさせるが、本作ではスライよりもダーティーなファンクをやっていて、非常に聴き応えがある。

オープニングのアルバム・タイトル曲「Coldblooded」は、ドクドク脈打つグルーヴがワイルドに疾走するファンク・ロック・チューン。「Harmony」はジワジワとグルーヴを焚き付けるミッド・ファンクで、ブーツィーズ・ラバー・バンド「Physical Love」を先取りしたようなメロディーが聴かれる。「In The Scheme Of Things」はクラヴィネットがゴリゴリと唸るヘヴィー・ファンク・チューンで、グラハム・セントラル・ステーションっぽい雰囲気もある。「Waiting And Hating」もクラヴィが蠢くダークなスロー・ファンクで、やはりスライ/GCS的。泥臭くウネるスロー・ファンク「Smiling, Styling & Profiling」など、この手の曲は個人的に大好物。

B面もA面同様にドス黒く地を這うファンクが続く。重いグルーヴの地味渋ファンク「Frame Of Mind」、ロックっぽいギター・リフとメロウな展開部分が印象的な「(I've Got To)Use My Imagination」、またもクラヴィネットがギトギトと絡みつくミッド・ファンク「Fightin' Fire With Fire」、グルーヴィーにウネるベース・ラインと分厚いホーン・セクションが効いた「Would I If I Could」は、曲途中のスライっぽい展開にニンマリ。ラストの「Be Yourself」はモロにスライ/GCS調。