keep on dancin
Keep On Dancin' / Bohannon
 Dakar '74 

結構な枚数のソロ・アルバムを出しているハミルトン・ボハノン。
70年代末に大量に出されたディスコ作品などは、あまり積極的にチェックする気になれないが、ダカーからリリースされた初期のアルバムは一級品のファンクとして聴く価値アリ。

本作『Feel Like Dancin'』は2ndアルバム。ダンス・オリエンティッドで汗臭く猥雑なノリのファンク・サウンドは、ファットバック・バンドあたりを思わせる。
一聴単調だがクセになりそうな呪術的なグルーヴがウネる「Rap On Mr. D.J.」、クラヴィネットとベースにゴリゴリと押し込まれる、猥雑なムードも堪らないファンク「Keep On Dancin'」、粘っこいグルーヴがひたすらウネりまくるインスト・ファンク「Truck Stop」、「Dance With Your Parno」はアフロ・ファンク的な土着グルーヴ。

「Have A Good Day」はストリングスをバックにピアノを奏でるポピュラー調の楽曲。ワウ・ギターをグシャグシャと掻き毟り、クラヴィネットが走るファンク・ダンサー「The Fat Man」、連打されるカウベルがトライバルで怪しげな雰囲気を醸す「Red Bone」、「South African Man」は野卑なアフロ・ムードむせ返るファンク・チューン。