this christmas
This Christmas / Donny Hathaway
 Atco '70 

クリスマス・ソングやクリスマス・アルバムを殊更好んで聴くことはないのだけれど、それでもブーツィーの『Christmas Is 4 Ever』やダニーの「This Christmas」なんかは、この時期になると何だか無性に聴きたくなる。

ダニー・ハサウェイの「This Christmas」は1970年にシングルのみでリリースされた曲。オリジナル・アルバムには未収録だが、2ndアルバムのCDにボーナス・トラックとして収められている。
ソウルのクリスマス・ソングの大定番曲であり、カバーも多数(先述のブーツィーのクリスマス・アルバムでもカバーされている)。おそらく、アフリカン・アメリカンにとって最も馴染み深いクリスマス・ソングなのだろう。毎年のように誰かがカバーし、若い世代へと歌い継がれ、聴き継がれていく。そういう意味では、ダニーの残した素晴らしい楽曲の数々の中でも、最も広く知られ親しまれている曲だと言える。

作曲はダニー自身(ダニー・ピッツ名義)とナディン・マッキナー(と読むのか?)の共作。楽曲も歌唱ももちろん素晴らしいのだが、演奏もしっかりグルーヴしていて楽しい。フィル・アップチャーチ、モリス・ジェニングス、リック・パウエル、ウィリー・ヘンダーソン、ルイス・サタフィールドといった旧知のシカゴ人脈がバックアップ。ダニーはキーボードの他に、ここではベースも弾いているそう。

シングルB面の「Be There」も、「This Christmas」と一緒に2ndアルバムにボーナス・トラックとして収録されていた。これも何となく冬が似合いそうな曲で、クラシカルなストリングスが入ったポピュラー調だが、ダニーの歌はソウルフルでどこまでも温かい。