watchin you watchin me
Watchin' You, Watchin' Me / Ebony Rhythm Funk Campaign
 Chi Sound '76 

サイケデリックなファンクをやっていたエボニー・リズム・バンドを前身とし、メンバー拡充&バンド改名しリリースした1stアルバムでは、よりファンク・バンドとして完成されたサウンドを聴かせたエボニー・リズム・ファンク・キャンペーン。
2ndアルバムとなる本作『Watchin' You, Watchin' Me』は、地元シカゴのシャイ・サウンドからのリリースということで、プロデュースはもちろん重鎮カール・デイヴィス。ミュージカル・ディレクターとしてソニー・サンダース、弦アレンジにトム・ワシントン、演奏陣にはマスター・ヘンリー・ギブソン、ドン・マイリックと、シカゴ人脈が名を連ねる。基本的には前作を踏襲しつつも、より洗練されたファンク/ソウルを楽しめる作品。

ベースがブイブイ唸るブギー・ファンク・ダンサー「69¢」でアルバムは快調にスタート。爽快グルーヴのメロウ・ファンキー・ナンバー「Giving Me Less Love」、ムーディーなスロウ「Understanding」、アルバム・タイトル曲「Watchin' You, Watchin' Me」はグルーヴィーに疾走するファンク・チューン。
「You Got Me Rushin'」は気持ちよく揺れるミディアム・ナンバー。ホーンがキマッたインスト・ジャズ・ファンク・チューン「Jive Du Du」、ミステリアスなムード漂うスロウ「Syncopated Madness」、ラストの「Where You Lead」は明るいムードのファンクで、最後まで聴きどころ多い好盤。