do you still feel the way
Do You Still Feel The Same Way / Tommie Young
 Soul Power '73 

テキサス生まれの女性ソウル・シンガー、トミー・ヤングの1stアルバム『Do You Still Feel The Same Way』。
本作はジュウェル参加のレーベル、ソウル・パワーからのリリース。このソウル・パワーというのは、どうやらほとんどトミーのためだけにあるようなレーベルのようで、同レーベルからリリースされたアルバムは本作だけ。本作の演奏陣には、ソウル・パワーから数枚シングルをリリースし、ポーラ/ジュウェルのハウス・バンドも務めていたアフリカン・ミュージック・マシーンのメンバーも含まれている模様。また、アレンジャーにはやはりポーラに在籍していたボビー・パターソンがクレジットされている。
70年代の多くのレディー・ソウル・シンガー同様、トミーもアレサ・フランクリンから大きく影響を受けているが、その実力は申し分ない。泥臭くグルーヴィーなサザン・ソウル・サウンドをバックに、ファンキーなジャンプ・ナンバーからディープなバラードまで歌いこなす。

アルバムはアーシーなサザン・ソウル・バラードの「Do You Still Feel The Same Way」でディープに幕開け。ファンキーなアップ・ナンバー「Do We Have A Future」、まったりミディアムの「You Came Just In Time」、情熱的なスロウ「She Don't Have To See You(To See Through You)」、ポップに弾む「You Can Only Do Wrong So Long」、「You Can Have Your Cake(And Eat It Too)」はアレサがアルバム中必ず1曲はやるようなブルーズ・スタイルのナンバー。

ふくよかなサザン・ソウル・バラード「You Brought It All On Yourself」、グルーヴィーなアップの「That's All A Part Of Loving Him」、O.V.ライトはじめ数多のサザン・ソウル・シンガーが歌った「That's How Strong My Love Is」も、トミーは情感豊かに歌い上げる。「Hit And Run Lover」は一際グルーヴィーでポップなナンバーで、これは気持ちいい。ラストの「Everybody's Got A Little Devil In Their Soul」も軽やかなグルーヴが効いたアップ・ナンバー。

再発CDにはシングル・オンリー曲及び未発表曲が計5曲ボーナス・トラックとして収録。パーシー・スレッジのカバー「Take Time To Know Him」、一転都会的なやや新しめのサウンドのアップ「Get Out Of My Life」の2曲がシングル曲。未発表の3曲もシンセが入ったりして音が新しくなっていて、トミーの色々な面が見えておもしろいが、やはりアルバム本編のサザン・ソウル・スタイルが最も魅力的なのは言うまでもない。