in heat
In Heat / Dee Felice Trio
 Bethlehem '69 

JBが1969年にリリースしたジャズ・アルバム『Gettin' Down To It』は、当時のレギュラーのバンドを使わず、無名のピアノ・トリオをバックに録音された異色作だった。そこで起用されたミュージシャン、即ち、ドラムのディー・フェリス、ピアノのフランク・ヴィンセント、ベースのリー・タッカーからなるグループ、ディー・フェリス・トリオはJBの御眼鏡に適ったようで、同年にはJB御大のプロデュースにより彼ら唯一のアルバムとなる本作『In Heat』もリリースされた。
『Gettin' Down To It』同様にコレはジャズ寄りのアルバムだが、本作はJBのヴォーカルが入っていないので、よりスウィンギーなインスト・ソウル・ジャズ作品といった趣き。ファンキーな曲はもちろん、数曲あるボッサ・テイストのブラジリアン・ジャズ・ナンバーが強く印象に残る好盤。

有名なゴスペル曲「Oh Happy Day」のジャジーなカバーからアルバムはスタート。流麗なピアノに彩られた「Witchita Lineman」、スウィンギンなボッサ・ジャズのマルコス・ヴァ―リ「The Crickets Sing」は、曲中盤からのパーカッシヴなブレイクもイカス。ストリングス・アレンジが素晴らしいラヴィン・スプーンフル「Summer In The City」、JB「There Was A Time」は『Gettin' Down To It』収録版と同じだが、ピアノとホーンが効いたジャズ・ファンクでやはりカッコいい。

アルバム・タイトル曲「In Heat」はファンキー・ソウル・ジャズなオリジナル・ナンバー。瑞々しいアレンジのジョニ・ミッチェル「Both Sides Now」、「All The Time」と「Uncle」はオリジナル曲で、これも小粋にスウィングするダンサブルなボッサ・ジャズ・ナンバーでなかなか気持ちイイ。ラストの「Never」はストリングスが美しいジャジーなオリジナル・ナンバー。

現行CDはシングル・オンリー曲を3曲ボーナス・トラックとして追加収録。
「There Was A Time」のシングル・ヴァージョンは、アルバム・ヴァージョンに入っていたホーン抜きだが、よりソリッドなリズムが剥き出しになったようなジャズ・ファンクでコレもイイ。「Nightingale」がこれまたグルーヴィーなボッサ・ジャズ・ダンサーで素晴らしい。「Little Liza Jane」はスウィンギーなジャジー・グルーヴ。